集団援助技術の展開過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数618
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉社会福祉社会援助技術集団課題自然

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめよ。」
    1.はじめに
    近年、自然環境や社会環境の変化に伴って、生活環境も大きく変化してきており、この変化に対応できずに生活に困窮している人々が増えてきている。これにより、援助を必要とするクライエントが増え、社会福祉援助技術の重要性を改めて見直す必要が出てきた。ここでは、社会福祉援助技術の中の集団援助技術の展開過程についてみていきたい。
    2、集団援助技術の展開過程
    集団援助技術(グループワーク)の展開過程は「準備期」、「開始期」、「作業期」、「終結期」の四段階に分けられる。援助者は、その段階毎に集団・個人に、それぞれに目を向けて、援助して行かなければならない。援助活動は、準備に始まり、集団援助の開始、問題・課題の解決の為の作業、そして今後の目標を設定する終結に至るまで、この展開過程を守りながら行う必要がある。これを段階に分けて見ていきたい。
    ①準備期
    準備期とは、まずグループの計画(個別ではなく、集団で取り組む計画)を立てることから始める。集団の目的、グループ構成員、活動頻度、最終目標等、ある程度の計画を立てておかなければならない。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。