「個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について」だよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,043
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について」
     1、はじめに-少子高齢化について-
     今日、様々なことが大きく変化する中、少子高齢化は、医療技術の発展や介護・福祉施設の整備などにより急速な勢いで進んでいる。そのため多くの問題が生じてきた。平均寿命は、戦前まで40歳台だったものが、2004年には男性78.64歳、女性85.59歳となり過去最高を更新し続けている。それに伴い高齢化率も、戦後は5%程度にしか満たなかったものが、2005年には20%を超えており、今後も上昇していくと予想されており、2015年には26%、2050年には35.7%に達して国民の約3分の1が高齢者という本格的な超高齢化社会が到来すると予想されている。
    子ども(15歳以下)の総人口に占める割合は2006年には13.7%と、32年連続で低下しており、過去最低記録を更新している。
     これにより、クライエントのニーズも多様化し、援助技術においても、問題・課題点が浮き彫りにされ、見直す必要がでてきた。援助技術には、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術があるが、ここでは、直接援助技術の中の個別援助技術(ケースワーク)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。