援助技術 社会福祉援助の技術と援助過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,218
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉援助情報技術問題援助技術地域家族

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    「社会福祉援助の技術と援助過程について」
    1.はじめに
     近年、自然環境や社会環境の変化に伴って、生活環境も大きく変化してきている。そのせいで、生活環境の変化に対応できずに生活に困窮している人々が増えてきている。そのため、援助を必要とするクライエントが増え、社会福祉援助技術の重要性を改めて見直す必要が出てきた。ここでは、社会福祉援助の技術と援助過程についてみていきたい。
    2、社会福祉援助技術の種類
    社会福祉援助技術は、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術に大別できる。
     直接援助技術は、各種の援助を直接提供するもので、個別援助技術(個人対象とするもの)と、集団援助技術(集団の中で援助を展開するもの)から成り立っている。
     間接援助技術は、直接援助技術を有効に機能させ、社会福祉援助活動を促進させる方法や技術のことで、地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会活動法、社会福祉計画法の5つから成り立っている。
     関連援助技術に関しては、ソーシャル・サポート・ネットワーク、ケアマネジメント、スーパービジョンなどが重要である。
     以下には、上記した3つの援助技術の技術と展開過程を述べていく。
    3、直接援助技術
     直接援助技術は、クライエント(利用者)の問題解決のために、直接援助者が関わり、各種の援助を提供することである。
     (1)個別援助技術(ケースワーク)
    個別援助技術は、ケースワーカーとクライエントとの対人関係を軸に、①インテーク(受理)、②調査、③アセスメント(事前評価)、④介入(インターベンション)、⑤終結の段階を追って展開される。
     ①インテーク(受理):クライエントの問題が持ち込まれる最初の段階で、機関として問題を取り上げるか否かを決定する。また援助者は、クライエントの不安を和らげながら問題に対応できるかどうかも検討する。
     ②調査:利用者、利用者をとりまく社会環境について必要な事実を収集する段階で、事実の収集においては、利用者の気持ちに沿って、利用者から直接情報を収集するのが原則であり、他から収集する場合でも利用者の了解を得て行う義務がある。
     ③アセスメント(事前評価):調査によって収集された情報、問題を明確にし、問題解決のための計画を決める過程のことである。また、援助者の実力が問われる段階でもあり、援助者は、独りよがりに陥ることなく、熟練したスーパーバイザーの援助指導(スーパービジョン)を受け、より正確なアセスメントへ近づける努力を続ける必要がある。
     ④介入(インターベンション):近年の積極的な社会福祉援助活動の総称であり、援助の展開期は援助者が、利用者やその家族、さらに利用者を取り巻く環境、これらの相互関係へ介入し、各自の代弁を行なったり、情報提供などをする。
     ⑤終結:個別援助技術による援助は、問題を解決し、援助が必要ないと援助者と利用者が判断した時点で終結となる。そのため援助者は、援助展開期の後半には、援助の終結を視野に入れて援助を行い、利用者が自立できるような態勢を整えることが必要である。しかし、援助者には、アフターケア(援助終結後も援助効果が持続しているかどうかを確認すること)が必要である。そして、状況によっては、援助の再利用も可能であることを利用者に伝えることも必要なのである。
     このように、個別援助技術は、面接を中心にした方法によって、利用者に直接働きかけ、適応能力の向上、自助能力の育成を援助し問題解決への動機付けをするものである。
     (2)集団援助技術(グループワーク)
    集団援助技術は、生活上に何らかの問題

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助の技術と援助過程について」
    1.はじめに
     近年、自然環境や社会環境の変化に伴って、生活環境も大きく変化してきている。そのせいで、生活環境の変化に対応できずに生活に困窮している人々が増えてきている。そのため、援助を必要とするクライエントが増え、社会福祉援助技術の重要性を改めて見直す必要が出てきた。ここでは、社会福祉援助の技術と援助過程についてみていきたい。
    2、社会福祉援助技術の種類
    社会福祉援助技術は、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術に大別できる。
     直接援助技術は、各種の援助を直接提供するもので、個別援助技術(個人対象とするもの)と、集団援助技術(集団の中で援助を展開するもの)から成り立っている。
     間接援助技術は、直接援助技術を有効に機能させ、社会福祉援助活動を促進させる方法や技術のことで、地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会活動法、社会福祉計画法の5つから成り立っている。
     関連援助技術に関しては、ソーシャル・サポート・ネットワーク、ケアマネジメント、スーパービジョンなどが重要である。
     以下には、上記した3つの援助技術の技術と展開過程を述..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。