「在宅福祉サービスの基盤整備について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数506
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉介護地域障害者問題障害地域福祉老人生活

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「在宅福祉サービスの基盤整備について」
     
    近年、環境の変化に伴って、社会環境も大きく変化してきており、高齢者を取り巻く環境も変化し、わが国の老人福祉は大きな転機を迎えている。これにより、在宅福祉の必要性がより高まってきた。
    戦後のわが国の社会福祉は、生活保護法をはじめとする様々な法律が制定され、推進体制が整備されていった。
    しかし、戦後直後の社会福祉は、質・量ともに不十分な福祉施設への「収容保護」が中心であった。昭和30年代頃の社会福祉は、低所得者対策として、金銭給付と貸付金制度が中心で、昭和40年代を迎えると、高度経済成長時代となり、国民所得も大幅な伸び、一方で消費者物価の上昇が続き、社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。