中世修道制度における年少者

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数347
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国際関係研究Ia/Ib
    10 Jan 2007
    中世修道制度における年少者
    I. 初期中世の修道制と年少者
    したがって、かなり早くからこのような年少者の存在の事例にはこと欠かない。「イギリス教会史」を著した聖ベーダ・ヴェネラビリス(673-735)はその第5巻24章において、7歳のときに「親族の配慮」で修道院に入り、19歳で助祭に、30歳で司祭に叙せられた、と自ら語る。なおイギリスでは9世紀まですべての修道院はベネディクトゥス派であった。 12世紀のサヴィニーでは、12歳以下の少女は入会を許されず修練期は19歳からと決まっていたが、かなり融通が利いたようだ。パリ郊外のサン・アントワーヌ・デ・シャンにおいては、修道院長が「思慮分別のつく年齢」を8歳としている。 このように年少者が修道士として生活する習慣は、かなり後まで続いている。1602年のポール・ロワヤルにおいては、修道誓願の年齢が制限されていたはずだが、11歳にもなっていない少女に18歳と「偽って」大修道院長の地位が授けられている。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    国際関係研究Ia/Ib
    10 Jan 2007
    中世修道制度における年少者
    I. 初期中世の修道制と年少者
     修道院に年少者が存在していたという証言は、かなり古くから存在している。
     聖ベネディクトゥスによりラテン教会において修道院制度が整備されたときには、すでに年少者が修道士として認められていた。聖ベネディクトゥス自身が起草した「戒律」の30および37章には、修道院に捧げられた子供が存在していたことを示している。
    したがって、かなり早くからこのような年少者の存在の事例にはこと欠かない。「イギリス教会史」を著した聖ベーダ・ヴェネラビリス(673-735)はその第5巻24章において、7歳のときに「親族の配慮」で修道院に入り、19歳で助祭に、30歳で司祭に叙せられた、と自ら語る。なおイギリスでは9世紀まですべての修道院はベネディクトゥス派であった。 12世紀のサヴィニーでは、12歳以下の少女は入会を許されず修練期は19歳からと決まっていたが、かなり融通が利いたようだ。パリ郊外のサン・アントワーヌ・デ・シャンにおいては、修道院長が「思慮分別のつく年齢」を8歳としている。 このように年少者が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。