幾何学概論設題1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数646
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『第1設題』
    集合Xの2つの部分集合族 、
    について、
    を証明せよ。
    2.fを集合Xから集合Yへの全射とする。Xの任意の2つの元x1,x2についてx1~x2をf(x1)=f(x2)と定めるとき、つぎの問いに答えよ。
    (1)~はX上の同値関係であることを証明せよ。
     
    (ⅰ)x~x
    ⇔f(x)=f(x)
    (ⅱ)x1~x2
    ⇔f(x1)=f(x2)
    ⇔f(x2)=f(x1)
    (ⅲ)x1~x2かつx2~x3
    ⇔f(x1)=f(x2)かつf(x2)=f(x3)
    ⇔f(x1)=f(x3)
    ∴x1~x3
    以上(ⅰ),(ⅱ),(ⅲ)より、~はX上の同値関係である。
    (2)|X/~|=|Y|を証明せよ。
    C

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『第1設題』
    集合Xの2つの部分集合族 、
    について、
    を証明せよ。
    2.fを集合Xから集合Yへの全射とする。Xの任意の2つの元x1,x2についてx1~x2をf(x1)=f(x2)と定めるとき、つぎの問いに答えよ。
    (1)~はX上の同値関係であることを証明せよ。
     
    (ⅰ)x~x
    ⇔f(x)=f(x)
    (ⅱ)x1~x2
    ⇔f(x1)=f(x2)
    ⇔f(x2)=f(x1)
    (ⅲ)x1~x2かつx2~x3
    ⇔f(x1)=f(x2)かつf(x2)=f(x3)
    ⇔f(x1)=f(x3)
    ∴x1~x3
    以上(ⅰ),(ⅱ),(ⅲ)より、~はX上の同値関係である。
    (2)|X/~|=|Y|を証明せよ。
    C..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。