家庭科教育におけるインターネット利用の意図

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数176
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本子ども社会文化学校発達家族学習家庭

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○曜○限 家庭科教育
    「世界に目を向けた食育」
    担当教官: ○○ ○○
    所属:○○○課程・○○系・○○専攻
    氏名:○○ ○○
    子どもたちの育てたいライフスキルは、考えてみるといくらでも出てくるが、私は食についての意識を高めたいと思う。最近はやりの食育は、直接子どもの能力向上に役立つというわけではないが、間接的に及ぼす影響という点から考えると、その意義は大いにあるといえよう。その食育が子どもに対してどのような間接的な影響を持っているのか、どのように子どもたちのライフスキルとして育てるかについて考察する。
    食生活は経済の発達とともに姿を変えはしているが、人間が生きていくうえで欠かせない、決してなくならないものである。各自の身体のために食育の学習は今後さらに重要になってくるはずだ。
    1.身近な食について学ぶ
    食生活の単元で取り上げられるもので真っ先に思いつくものは調理であろう。調理実習を楽しみにしている子どもは多い。栄養を取るためにどのみち食べなければならないのだから、どうせならおいしく食べたいということで、「食べる楽しみ」につながるテーマであると考えられる。普段は親や家族に作ってもらうこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。