音遊びの教育の意義と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数203
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○曜○限  音楽科教育 期末レポート
    「テーマ:音あそびの教育の意義と課題」
    担当教官:○○ ○○
    所属:○○課程・○○系・○○専攻
    氏名:○○ ○○
    Ⅰ.音あそびの意義
    音あそびの教育における最大の意義は、遊びという単語から想像できるようにゲーム感覚で行なうことができるということである。平時は仲の良い友達としか関わることがなくても、音あそびの中でなら自然に色々な人と関わることができる。私自身も講義の中で普段あまり関わらない人たちと話すことができた。音あそびというジャンルの教材は、音楽という枠のなかに収まるものではなく、他の教科にも生かすことのできるコミュニケーションの手段としての性格が強いものであると実感した。
    もちろん、リズム感や表現力を養うといった意義もある。習い事をしている子どももいるが、そうでない子どもが多数である。音遊びは、日常生活で触れることのない世界中のリズムや、身の回りにあってもなかなか気付かない表現の仕方を学び、自分の気持をうまく表わすための一つの要素になりうる。
    Ⅱ.遊びと教科
    私は、学校教育としての音楽は習い事とは違い、音楽の楽しさを発見し、深めていく場だと考え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。