教育相談の研究 A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数529
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育相談の研究(中・高) A判定レポートです。
    レポートを書く際の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。」
     学校カウンセリングは、教師やスクールカウンセラーによって行われるカウンセリングであるが、その内容は多岐にわたっている。松原(二〇〇三)は、学校カウンセリングの領域として、学業相談(学業不振や学習意欲の低下など)、進路相談(進学、就職など)、適応相談(不登校、非行、神経症、心身症など)の3つに分けている。不登校やいじめ、非行などの問題が深刻化するにつれて、学校カウンセリングの適応相談の領域がクローズアップされ、それだけが学校カウンセリングであるかのように思われがちだが、学業相談も進路相談も学校カウンセリングの重要な一部である。学業の問題や進路相談の問題が児童生徒の心理的な問題の背景となっている場合も多い。
     まずここで一般的なカウンセリングと学校カウンセリングの違いについて述べたい。カウンセリングという言葉を聞くと、悩みを抱えて相談に来た人がカウンセラーと一対一で悩みについて話し合う場面を想像しがちである。しかし、学校カウンセリングでは、このような一般的なカウ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。