教育社会学1 A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数427
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学1 A判定レポートです。
    レポート作成の際に参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし,高学歴社会が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。』
     学歴社会とは,社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会のことである。社会的地位とは職業的地位と重なる部分もあるが,もっと広い意味であり,具体的には文化的地位なども含む。
     学歴社会とよく混同される言葉に,高学歴社会がある。高学歴社会とは,単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。具体的には,高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされる。日本はアメリカ合衆国,カナダなどと並び,数少ない高学歴社会のひとつである。大学全入時代が到来し,高等教育を受ける者の数が増加しているにも関わらず,学力の低下が叫ばれているのはなぜであろうか。わが国の学歴社会の始まりから学歴社会崩壊と言われるようになった現在までの経緯から考察したい。
      わが国の学歴社会の始まりは明治時代に遡る。明治時代がスタートし,維新政府が必要としたのは,各分野における優れた人材であり,その質的・量的に安定した供給を保証してくれる機構であった。明治..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。