米文学史 第1・2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数410
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    米文学史 合格レポートです。
    第1設題(A判定)・第2設題(A判定)セットです。
    レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。』
    【エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe, 1809-1849)】
     ポーの短い生涯は波乱に満ちたのであったが,編集者としての手腕ばかりではなく,彼の詩,短編小説,批評の三つの分野にわたる創作意欲はすさまじいものがある。
     まず,短編小説について述べる。ポーの短編小説はほとんどが雑誌に寄稿されたもので,『怪奇幻想物語集』(Tales of Grotesque and Arabesque,1840)と『短篇集』(Tales, 1745)にまとめられている。そして小説はだいたい,(1)恐怖をねらったもの,(2)美的または詩的なもの,(3)推理もの,の3種類に分けられる。
     ポーの作品は,日本でも人気があり,ほとんどの作品がすでに翻訳されて手に入りやすくなっている。そのなかで最も読まれていると思われる作品に『アッシャー家の崩壊』(The Fall of House of Usher, 1839)と,『黒猫』(The black cat, 1843),『盗まれた手紙』(The Purloined letter, 1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。