英語コミュニケーション 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数823
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)『テキストの第一章“The Americans”から第六章“The Chinese”までを読んで、それぞれの内容に関する自分の意見を日本語で述べなさい。』
    ★第1章「THE AMERICAN」★
     多くの人々がアメリカに行きたいと思ったり、アメリカの真似をしたいと思ったりするのは、それだけアメリカが魅力的であるからだろう。「アメリカンドリーム」という言葉があるように、アメリカには沢山の可能性が溢れているような気がする。
     アメリカは個人主義の国である。周りに流されることなく自分の考えを表現できる点が個人主義の素晴らしいところであると思う。日本のように周りの雰囲気を大事にする風潮があると、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)『テキストの第一章“The Americans”から第六章“The Chinese”までを読んで、それぞれの内容に関する自分の意見を日本語で述べなさい。』
    ★第1章「THE AMERICAN」★
     多くの人々がアメリカに行きたいと思ったり、アメリカの真似をしたいと思ったりするのは、それだけアメリカが魅力的であるからだろう。「アメリカンドリーム」という言葉があるように、アメリカには沢山の可能性が溢れているような気がする。
     アメリカは個人主義の国である。周りに流されることなく自分の考えを表現できる点が個人主義の素晴らしいところであると思う。日本のように周りの雰囲気を大事にする風潮があると、なかなか自分の考えを表現しづらく、下手をすれば周りの反感を買ってしまうこともある。その点アメリカでは相手の意見を尊重し、それを受け入れようとする環境がある。自分の考えを自由に表現できることによって新たなアイデアを発見できたり、新たなことに挑戦したりする機会も増えると思う。アメリカに多くの企業家や発明家がいるのはそのせいかもしれない。
    自己実現をする上でアメリカという国は理想的な国なのかもしれない。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。