理科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数967
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したりまた減少する事について述べよ』
     地球上において陸上、土壌中、そして水中等のいずれにも同種または異種の生物が多く集まって生きている。そしてこれらの生物は親から子へ遺伝子DNAとともに受け継がれていく。生物が生活するためにはいろいろと多くの環境要因が関係しており、これらの要因の限度内で生存している。生物が本来の姿、性質に基づきながら、その環境に調和して生活したり、種族を維持する状態を適応と言う。環境の変化に適応したものは数を増やし繁栄することが出来るが、適応しない場合は数を減らし絶滅する恐れがある。
    このように生物にとって環境は種族を繁栄させるためには最も大切なものである。その中で、特に重要なものをいくつか挙げてみる。
     1,温度要因
    各々の生物は最適温度を中心にして、最高、最低温度が決まっている。これらの温度が変化すると休眠状態になるか、または死に到る。しかし、温度変化に耐えるために長時間かけて温度の変化に馴らすことも可能である。これを温度馴化という。また、カエル、トカゲ、ヘビなどの変温動物では体温..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。