生活科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数865
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『生活科の目標をふまえた「子どもの遊びの中から生まれる実践」について考察するとともに、考察した実践についての学習指導案を作成せよ。』
    第1章 「子どもの遊びの中から生まれる実践」
     生活科では、遊びを内容の一つに取り上げている。これは生活科の大きな特徴である。生活科の学習に「遊び」を取り入れるということは、単に内容としての「遊び」を学習に取り入れるということではない。それは、「遊び」のもっている自由で、問題解決的であるという特徴を学習活動に生かすということである。
    「遊び」には、新しいことを発見したり、自分が知っていること・出来ることを試す面白さや、自分なりの論理をもって予想と結果に思いを巡らせていく面白さがある。予想が外れると何度でも挑戦し、納得がいくまでやってみる。このような特性を持つ「遊び」は、子どもたちにとっては「学び」であり、その追求は「問題解決の過程」なのである。また遊びは、子どもが最も素直に関わっていくことのできる活動である。子どもは、自分がこうしたいという思いや願いを実現するために、自分に出来ると考えたことを実際にやってみる。試行錯誤する中で、対象への働きかけや友達との..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。