中国黄土高原

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数487
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    中国黄土高原
    大同の地理・気候・歴史
    地理と地形
     緑の地球ネットワークの緑化協力地、中国山西省大同市は北緯40度、東経113度のあたりにあり、面積は14,200平方km、人口はおよそ300万人です。山西省では省都太原につぐ第2の都市ですが、市街地はごく一部で、大部分は農村地帯です。
     大同市のほぼ中央を桑干河が西から東に横切り、河北省にはいって官庁ダムに流れ込みます。ダムから下流では永定河と名を変え、北京の西郊外を流れ、天津のそばで海河に合流し、渤海に注ぎます。官庁ダムは北京にふたつしかない水がめのひとつだったのですが、近年は水量の減少により水質が悪化し、上水にはつかわれていません。
     大同盆地は桑干河の流域に広がり、ここが大同市の中心です。盆地の標高は1,000m前後です。
     大同盆地の地下には、その周囲を含めて、膨大な石炭があり、埋蔵面積は1,800平方km、埋蔵量は400億t近いといわれ、現在も中国一の産炭地ですが、中国でもエネルギーの転換がすすみ、石炭産業はかつての勢いを失いました。それらの石炭を利用し、火力発電がおこなわれ、かなりの部分が北京などに送られています。
     大同盆地を除く大同市の北部は黄土丘陵です。山には樹木がなく、山腹や丘陵の急斜面まで段々畑が切り開かれています。夏の雨によって刻まれたガリ=浸食谷が縦横に走り、小型のグランドキャニオンともいえる景観をつくりだしています。
     大同市の南部は、太行山脈とその支脈である恒山山脈とからなる山地と、黄土丘陵とが入り組んでいます。太行山脈にもほとんど樹木はなく、すでに土壌が失われて、岩盤の露出しているところが多くみられます。
    大同市全体でみれば、盆地、丘陵地、山地がそれぞれ3分の1くらいずつの割合です。
     その盆地、丘陵地、山地はどのように分布しているのでしょうか。市全体でみると、大同盆地が中心になっていますが、その下の県でも県城(県政府所在地)はすべてが盆地にあり、県と県の境界はほとんど例外なく高い山か丘陵です。お皿のようなものをズラッとならべた状態を考えてもらえばいいでしょう。
     そのような地形では、降った雨はお皿の底に集まります。地表水だけでなく、地下水もたいていはお皿の底に多いものです。土も水といっしょにそこに集まります。降った雨はいったん県城を中心とする盆地に集まり、そこから1本か2本の河川となって、山のあいだを抜けて、華北平原に下っていきます。水と土の豊かさが人間活動のキャパシティになるので、盆地には人口、経済、文化が集中し、政治の中心ともなっていきます。その逆に、お皿の縁にあたるところは、土がやせ、飲み水にさえ困る状態で、たいへん貧しいのです。
     郷や鎮のレベルでも、お皿構造になっており、お皿の底にあたる比較的大きく豊かな村に、郷政府がおかれることになります。そして丘陵や山、ときとして河川などが郷と郷との境界になっていますが、お皿の縁にあたるところの村は貧しくて小さいことになります。
     農村人口の6分の1~3分の1(年によって大きく変わります)が、中国の貧困ライン=1人あたり年間所得500元(1元=約15円)以下で暮らしていて、中国でも有数の貧困地域です。沿海の北京、上海などとの地域間格差は開くばかりですが、あわせて地域内の格差も深刻です。
    気候
     気候区分からいえば、大同は大陸性の温帯モンスーン気候に属し、年平均気温は6.4℃ほどですが、年較差が大きく、いちばん寒い1月の月平均気温が-11.3℃(平均最低気温は-17.0℃)、いちばん暑い7月の月平均気温は21.8℃(平

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    中国黄土高原
    大同の地理・気候・歴史
    地理と地形
     緑の地球ネットワークの緑化協力地、中国山西省大同市は北緯40度、東経113度のあたりにあり、面積は14,200平方km、人口はおよそ300万人です。山西省では省都太原につぐ第2の都市ですが、市街地はごく一部で、大部分は農村地帯です。
     大同市のほぼ中央を桑干河が西から東に横切り、河北省にはいって官庁ダムに流れ込みます。ダムから下流では永定河と名を変え、北京の西郊外を流れ、天津のそばで海河に合流し、渤海に注ぎます。官庁ダムは北京にふたつしかない水がめのひとつだったのですが、近年は水量の減少により水質が悪化し、上水にはつかわれていません。
     大同盆地は桑干河の流域に広がり、ここが大同市の中心です。盆地の標高は1,000m前後です。
     大同盆地の地下には、その周囲を含めて、膨大な石炭があり、埋蔵面積は1,800平方km、埋蔵量は400億t近いといわれ、現在も中国一の産炭地ですが、中国でもエネルギーの転換がすすみ、石炭産業はかつての勢いを失いました。それらの石炭を利用し、火力発電がおこなわれ、かなりの部分が北京などに送られています。
     大同盆..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。