現地での調査活動

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数259
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    [現地での調査活動]
    今回の滞在では前半はほとんど協会の手伝いで草方格作りや協力隊が来たときの植樹を行っていたが、後半は協力隊が来ない日等の合間に自分なりの調査を行った。調査の内容は以下のとおりである。
     右に写真34と35がある。ここは草月の森と呼ばれる場所であり、今年の協力隊植林地の近くである。この二枚の写真に写っている木は全く生長量が異なっている。しかしこれら二つの場所は共に三年前に植林をしたものであり、場所も100mほどしか離れていない。写真35の奥の方に見える、大きな林の部分が写真34である。胸高直径を計って比較してみると南側は5~13cmだったのに比べ北側は1.5~5cmだった。この生長量の差はなにかと考えていった。
     
     最初、この辺りは石灰分つまりCaが多い(<クブチ砂漠の特徴>参照)ので何らかの作用で北側のCa濃度が高くなり、その為Caで生育障害を起こしているのではないかと考えた。それで偶然にも現地に土壌分析を行う器材(富士平工業(株)のDr. soil土壌養分検定器)があったので、それを借りて土壌の化学分析を行った。Dr. Soilの概略は、土壌を2cc採り、それを抽出液(恐らく主成分は酢酸であると思われる)に入れ抽出、ろ過を行い、その液を試料としてそれぞれの元素に対応した指示薬を入れ、発色または白濁させ、それを比色表、比濁表と比べて濃度の決定をするものである。そのために正確な濃度は分からないが大体の目安となる。以下にその結果を示す。
    表6 土壌の分析結果
       試験区名
    試料名   pH 置換性mg/100g 可給体 NaCl
    mg/100g 窒素
    mg/100g 可給体
    mg/100g H20 KCl Ca Mg K P NH3 NO3 Fe Mn 南側(生育良)
    北側(生育悪) 7.5
    7.5   400
    1200 52
    50 35
    50 9
    10   6
    5   同じ
    同じ 少なめ
    多め 南側①15~20cm
    北側①15~20cm 7.5
    7.5 7.5
    7.5 200
    500 50
    25 50
    50 20
    10 0.005
    0.010       少なめ
    多め 南側①55~65cm
    北側①55~65cm 7.5
    7.5   1000
    200 80
    600 70
    70 5
    25 少なめ
    多め 3
    5 1以下
    1以下 同じ
    同じ 多め
    少なめ
    Fe,Mnの比色表が無く、濃度の高低しか分からなかったため、上記の表示になっている。以下に各項目、元素の説明を書く。15~25cm、55~65cmは土壌試料を採取した場所の深さ。
    pH(H2O):純水で振盪し、pHを測ったもの
    pH(KCl):K+で土壌中のH+を置換してpHを測ったもの。
    Caの生理作用:生体膜の構造と機能の維持。体内で生じた有機酸の中和。植物体内での移動性は乏しい
    Mgの生理作用:葉緑体のクロロフィルに含まれる。リン酸化反応の補助。タンパク合成酵素の補助。
    Kの生理作用:原形質構造の維持。PH、浸透圧の調節。デンプン合成系やホスホキナーゼ系の諸酵素の働きを助ける。
    NaClの生理作用:Clは光化学系Ⅱにおける酸素発生に関与している。Naも有用元素としての効果はあるが、その濃度が高くなると生育障害を起こさせる。
    Feの生理作用:伝氏伝達や酸化還元反応の触媒を行う。中性またはアルカリ性になるとFeは溶けにくくなりFe欠乏を引き起こしやすい。
    Mnの生理作用:光化学系Ⅱの反応中心でクロロフィルに電子を供給し、水から電子を奪い酸素を発生させる。活性酸素を消去する酵素の

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    [現地での調査活動]
    今回の滞在では前半はほとんど協会の手伝いで草方格作りや協力隊が来たときの植樹を行っていたが、後半は協力隊が来ない日等の合間に自分なりの調査を行った。調査の内容は以下のとおりである。
     右に写真34と35がある。ここは草月の森と呼ばれる場所であり、今年の協力隊植林地の近くである。この二枚の写真に写っている木は全く生長量が異なっている。しかしこれら二つの場所は共に三年前に植林をしたものであり、場所も100mほどしか離れていない。写真35の奥の方に見える、大きな林の部分が写真34である。胸高直径を計って比較してみると南側は5~13cmだったのに比べ北側は1.5~5cmだった。この生長量の差はなにかと考えていった。
     
     最初、この辺りは石灰分つまりCaが多い(<クブチ砂漠の特徴>参照)ので何らかの作用で北側のCa濃度が高くなり、その為Caで生育障害を起こしているのではないかと考えた。それで偶然にも現地に土壌分析を行う器材(富士平工業(株)のDr. soil土壌養分検定器)があったので、それを借りて土壌の化学分析を行った。Dr. Soilの概略は、土壌を2cc採り、それを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。