人権(同和)教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数287
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方を論述せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方を論述せよ。
     ⇒学校教育において同和教育を実践していくには、まず同和教育とは何かについて理解し、さらに様々な同和問題についても理解しておく必要があるであろう。まずはこの同和教育とは何かについて述べたいと思う。
     同和教育は、同和問題を解決するための教育の営みの総称である。同和問題を大枠として、部落差別問題として定義すると、同和教育は部落差別を解消するための全ての教育活動であると定義できる。また、同和教育は単なる一社会問題としてのみではなく、人権教育と差別を許さないという共通基盤を持つものである。そして、同和問題とは端的にいうと、歴史的身分制度にその発端をもつ差別が時代を経てもなお存在し、続柄や出生地区により差別を受ける重大な社会問題である。その差別を部落差別という。
     それでは、同和教育は何のために行うのか。同和教育は、教育の原点であると言われることが多い。日本国憲法では、第26条で教育権、義務教育が条文化されており、教育基本法でも、第1条で教育の目的、第3条で教育の機会均等について記さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。