教育方法学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数87
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。
     ⇒現代の社会は「情報社会」とも「生涯学習社会」ともいわれ、さまざまな情報にアクセスする機会や、教育を受ける機会はこれまでの社会と比べて格段と広がっている。もはや学校だけが教育の場ではない、という認識もすでに常識となっている。その一方では、近年「教育改革」の名のもとで、学校教育はこれまでの仕組みを大きく変えられようとしている。現在、教育は、たんに「受けさせられるもの」ではなくなり、人々がそれぞれのニーズに合わせて「選んで受けるもの」になりつつある。まずは現在から今後の教育の変動の将来について予測を立ててみたいと思う。
     現在、わが国の教育は、大きな変革の時期を迎えている。一方では児童生徒の実態が多様化して、さまざまな学力、性格、学習意欲をもつ子どもたちを教室に迎えている。もう一方では施設設備が学校によって、あるいは教室によって多様化している。さらにはコンピュータやイン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。