教育方法学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数70
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
     ⇒現在、教育現場では様々な教育改革が推進されているが、なかでも教育方法の変革は根本的なものであり、従来の知識伝達型の授業から児童生徒の主体的な学習を重視する授業へと変化している。これから前者の知識伝達型の授業と、後者の児童生徒の主体的な学習を重視した授業のそれぞれの特徴をまとめ、比較していきたいと思う。
     知識伝達を重視した学習とは、基礎的な学力の育成をはかる「課題習得型学習」と呼ばれるものであり、体系毎の基礎・基本となる知識や技能の習得がそのねらいである。そして、児童生徒の主体的な学習とは、新しい学力の育成をねらいとした「課題発見型学習」と呼ばれるものである。まず、課題習得型学習は基礎・基本となる知識や技能の習得がねらいとなるのに対して、課題発見型学習は自ら考える力(生きる力)の育成がねらいとなっている。前者は主に教師によって課題や問題が作られる。つまり、カリキュラムに基づいて、計画的、体系的に課題が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。