経営科学Aレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数438
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境分析問題授業比較交通施設理解グラフ基準

    代表キーワード

    経営科学

    資料紹介

    経営科学Aレポート
    「スポーツクラブの選定」
    1060402037   小玉 泰子
    問題 スポーツクラブの選定
    問題の背景
    私たち大学生は普段運動する機会が非常に少ない。そこで、スポーツクラブに通おうと考えた。だが、スポーツクラブはたくさんあるのでどこに通おうか非常に迷うところである。学生はアルバイトをしていてもお金には余裕がない。だが、出来ることなら設備のととのっていて、スタッフも親切で交通の便のよいスポーツクラブに通いたいのが本心である。ここでは、どこに行こうか迷っているスポーツクラブの選択肢すなわち代替案を「クラブA」「クラブB」「クラブC」とする。そしてスポーツクラブの評価基準を「費用」「施設・環境」「交通の便」「スタッフ」に決め、AHP法を用いて選定していこうと思う。
    モデルの提示
    まず、上記のプロセスを階層図に表す。ここでの分析はまだ単純だが、より複雑な分析をする場合、階層図で整理しておくとわかりやすいだろう。AHPとは階層的な分析法であるので、少なくとも頭の中では階層的な構造をイメージするとしよう。
    解法
    1,一対比較をする
      先ほど決めた4つの評価基準の項目で次のような一対比較の表を作る。
      
    対 費用 施設・環境 交通の便 スタッフ 費用 施設・環境 交通の便 スタッフ
     次に一対比較の数値について説明する。
    一対比較値   1   3 両方の項目が同じぐらい重要 5 前の項目の方が後の項目より若干重要 7 前の項目の方が後の項目より重要 9 前の項目の方が後の項目よりかなり重要 2,4,6 前の項目よりも後の方が絶対的に重要 8 補完的に用いる 上の数値の逆数 後の項目から前の項目を見た場合に用いる  
    例えば「費用」と「設備・環境」が同じぐらい重要なら、表に記入すべき数値は3であり、反対の「設備・環境」対「費用」は必然的に1/3ということになる。
    対 費用 施設・環境 交通の便 スタッフ 費用 1 1/3 1/7 1/5 施設・環境 3 1 1/9 9 交通の便 7 9 1 3 スタッフ 5 1/9 1/3 1 他の値として、「費用」と「交通の便」は、やはり学生はお金がないので「費用」が重要とする。「費用」と「スタッフ」は、「費用」の方が若干重要とする。反対の欄には逆数を記入する。「設備・環境」と「交通の便」では、「設備・環境」の方がかなり重要とする。なぜならせっかく行くなら遠くても設備の整ったところに行きたいからだ。私は、スポーツクラブ以外にもお金を使うことが多いので、「費用」を第一に考えた。
    2,ウエイトを計算する
      私はエクセルを用いてウエイトなどを計算した。L、ウエイト、積、ウエイト割り算、特性値、CIの計算方法は、授業のプリントを参考にした。ここで、CI(Constantly Index)というのは、全体のウエイトとの整合性をはかる尺度である。また、特性値とは、①各行の要素に対応するウエイトをかける。 ②各行の和を求める。 ③各要素を対応するウエイトで割って、和を求める。 ④これを項目数nで割る。 この計算をして、もし完璧な一対比較表なら、その値は、項目数のnに等しいはずである。この値を特性値と呼ぶ。これを用いてCIを定める。
      CI(整合度)=特性値―項目数(n)
               項目数(n)―1 となる。  
    一般には、0≦CI≦0.1~0.15 なら許容できると考えている。
      
    評価基準のウエイト
      費用 施設・環境 交通の便 スタッフ L ウエイト 積 ウエイト割り算 特性値 CI 費用

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営科学Aレポート
    「スポーツクラブの選定」
    1060402037   小玉 泰子
    問題 スポーツクラブの選定
    問題の背景
    私たち大学生は普段運動する機会が非常に少ない。そこで、スポーツクラブに通おうと考えた。だが、スポーツクラブはたくさんあるのでどこに通おうか非常に迷うところである。学生はアルバイトをしていてもお金には余裕がない。だが、出来ることなら設備のととのっていて、スタッフも親切で交通の便のよいスポーツクラブに通いたいのが本心である。ここでは、どこに行こうか迷っているスポーツクラブの選択肢すなわち代替案を「クラブA」「クラブB」「クラブC」とする。そしてスポーツクラブの評価基準を「費用」「施設・環境」「交通の便」「スタッフ」に決め、AHP法を用いて選定していこうと思う。
    モデルの提示
    まず、上記のプロセスを階層図に表す。ここでの分析はまだ単純だが、より複雑な分析をする場合、階層図で整理しておくとわかりやすいだろう。AHPとは階層的な分析法であるので、少なくとも頭の中では階層的な構造をイメージするとしよう。
    解法
    1,一対比較をする
      先ほど決めた4つの評価基準の項目で次のよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。