05.株主平等原則について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数519
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    *株主平等原則について
     株式会社は有限責任会社であり、株主からの出資を得るために、株主が平等な取り扱いを受ける権利を保障しなければならない。これが株主平等の原則であり、会社の根本原則のひとつである。この原則は、新会社法では、109条1項に新たに設けられ、従来の強行法規的性質から実質的法規として規定されることとなった。ここで注意すべきは、公開会社でない株式会社については、定款に株主に対する扱いを定めることもできる点である。
    さて、株主平等の原則が会社法に盛り込まれたが、資金調達の便宜・支配関係の多様化により権利の内容の異なる株式の発行が許容されているため、従来では株式の保有数によるとされていた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。