栽培&エコ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数538
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『栽培&エコ』
    菜園日誌を始めてみると、そこには書き込むことのできない、日々の栽培の様子とは違った、「考え」を書くページがないことに気づき、こちらに作りました。 私自身の基本的な栽培方法と栽培に関する考え方、環境への取り組みなど: ハーブ栽培、   めあり~さんちの菜園  をご覧下さい。
    なにが「いい」のか。
    結局、なにが、どう、「いい」のか、考えれば考えるほど分からなくなってくる。 あれもだめ、これもだめ、では、生きているこの私たち人間の存在そのものも?なんていうところまで行き着いてしまう。 肥料も、完全に成熟したものでなければだめ、という考え方もあれば、自然界では一体どうなのか、未熟な堆肥は土の上にはあるが、土中にはない、とか…。 有機肥料を使い出すと病害虫に弱い植物になったから、永田農法主張の化学肥料でやってみたけど、それでも風通しが十分ではないのか、どれもこれもハダニなどにやられてしまうような経験。 感想でこの液肥を与えたら、4、5日で見る見る間に元気、という声を信じて、これが本当に最後の挑戦!と思いきや、そうでもなかったり…。 みな、同じように試行錯誤している。 でも、他の人がよい、と言った肥料や方法は、すべての人によい、のではない。 まったく同じ環境で栽培しているのではないのだから。 土の材質やブレンドした比率、雨風日光の当たり具合、庭や畑か、あるいは鉢植えなのか。さらに、地域によってもまったく異なる。 それと、育てる植物が、適材適所かどうかも違う。 無理な環境で育てようと思っても、やはりそこには無理があって、人工的な環境を造りださなければならない。 だから、 結局、自分で試してみて、そして、これだ!と思う土、土の割合、肥料、肥料作りの方法を手探りで見つけるしかない。
    xx農法を考え出すとキリがない
    農薬を使って害虫を排除し、除草剤を撒いては草をも排除し、生長促進剤やホルモン剤などで形よく色をつける、明治時代以降の慣行農業。 それに対して、農薬はいけない、といいつつも、「有機公認の農薬」を蒔き、除草剤こそ撒かないが、自然であるそこに生きている雑草を邪魔だ、と根っこから刈り取ってしまい、肥料といえば、いくら有機と認定された肥料であったとしてもその肥料の元である家畜や植物には、それらを育てるためのホルモン剤や農薬が入っていることが多く、しかも完全なる完熟ではない肥料のために、土中でガスを発生させてしまい、空気中や河川や海、そして降る雨までも汚染している、という有機農法。(最近は有機農法は環境汚染という説はすでに欧州ではあり、日本でも大きくなってきている)また、この過剰肥料のために返って害虫が多く発生し、低農薬に切り替えたり、あるいは認定農薬以外の農薬を使わざるを得なくなったりして慣行農業とほぼ変わらない、というのが現状、という有機農法。 ほかに、植物は結局は冠水や雨水によって栄養分が溶け出して初めて吸収されるのだから、液肥で十分、という永田農法。 さらに、農薬も肥料も与えず、耕すこともせず、雑草はそのまま生かす自然農法がある。 その自然農法とうたっている農法にも、さまざまな主張があるが、肥料に対しては甘く、環境破壊であるピートモスを「要調査」とはいえ、公認していたり、家庭のゴミの未熟肥料を堆肥としていたり、これもガスを発生させてしまうという油カスを推奨している自然農法もある。 そして、農業という行為自体が自然ではなく、人間の手が加わった時点で、自然は自然とはもう呼べない、という主張も当然ある。 「入れない、出さない」、という主義を、肥料に

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    『栽培&エコ』
    菜園日誌を始めてみると、そこには書き込むことのできない、日々の栽培の様子とは違った、「考え」を書くページがないことに気づき、こちらに作りました。 私自身の基本的な栽培方法と栽培に関する考え方、環境への取り組みなど: ハーブ栽培、   めあり~さんちの菜園  をご覧下さい。
    なにが「いい」のか。
    結局、なにが、どう、「いい」のか、考えれば考えるほど分からなくなってくる。 あれもだめ、これもだめ、では、生きているこの私たち人間の存在そのものも?なんていうところまで行き着いてしまう。 肥料も、完全に成熟したものでなければだめ、という考え方もあれば、自然界では一体どうなのか、未熟な堆肥は土の上にはあるが、土中にはない、とか…。 有機肥料を使い出すと病害虫に弱い植物になったから、永田農法主張の化学肥料でやってみたけど、それでも風通しが十分ではないのか、どれもこれもハダニなどにやられてしまうような経験。 感想でこの液肥を与えたら、4、5日で見る見る間に元気、という声を信じて、これが本当に最後の挑戦!と思いきや、そうでもなかったり…。 みな、同じように試行錯誤している。 でも、他の人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。