香りと聖書

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数913
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    香りと聖書
    聖書には香りに関する記述が数多く出てきます。 嗅覚は人間にとって根源的な感覚の一つであり、香りが精神や肉体にもたらす効果は、原始キリスト教の時代から認識され、重要なものとされてきました。 いくつか、例を挙げて見ましょう。 ■香をたいている間、多くの民衆はみな外で祈っていた。すると主の御使が現れて、香壇の右に立った。(ルカによる福音書1:11) ■さて、安息日が終わったので、マグダラのマリヤとヤコブの母マリヤとサロメとが、行ってイエスに塗るために、香料を買い求めた(マルコによる福音書16:1) 聖書の中では、祭壇にお香を焚いたり、聖なる油を塗布するという形で、香りが利用されています。 しかし、クリスチャンの伝統の中でも、流派や教会によって、香りの使用については見解が様々に分かれています。お香や聖油が、たんに必要のないもの、もしくは異教的なものとして退けられる場合もありますが、カソリックやギリシャ正教会などでは、よく用いられているようです。英国国教会では、洗礼などには通常、聖油の塗布を行いませんが、戴冠式の際にはよい香りの聖油が重要な役割を果たしており、クリスチャンと香りの関係..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。