ハーブの栽培

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数1,023
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ハーブの栽培(園芸・ガーデニング)
    準備

    メリット
    1.身近に置けるので面倒が見やすい。 2.ハーブのほとんどは地中海沿岸が原産地のため、高温多湿の日本には合わずに育ちにくい面もありますが、プランターや鉢の場合は環境を整えてあげることができます。 3.他の野菜や花が病害虫を寄せ付けないためにも、コンパニオンプランツ(一緒に植える)として利用できますが、ハーブの鉢を他の野菜や植物のすぐ傍に置いておけます。
    デメリット
    1.土が硬くなる。 土の団粒構造が崩れてコチンコチンに硬くなり、空気が逃げ、根が窒息死してしまいます。土を選びましょう。 2.肥料が流出する。 水に溶けやすい窒素とカリが流れ出てしまいます。 3.温度変化が激しい。 プランターや鉢は側面からも影響を受けるため、かなり温度変化が激しくなります。 夏は土の温度が上がりすぎて根が弱くなります。マルチ、二重鉢にする、半日陰に置く、日の当たる窓辺に置く、など対応しましょう。
    種まき用平鉢
    100円ショップやスーパーで販売しているA4判の書類ケースや水切りなどが利用できます。
    苗用鉢
    発芽後、苗を移植するときに使う苗用ポット。直径6cm程度のもの。
    定植用鉢
    鉢の大きさ:6号(直径18cm)~8号(直径24cm)。 種まきは2号~。 株の大きさによって異なります。ハーブは大株になってしまうと葉も茎も硬くて苦味が出てきますので、どちらかといえば、観賞用になります。花が咲いてしまうと葉も硬くなりますので、小さめの株を維持するよう、ふだんから利用しているとよいでしょう。 そういう育て方であれば、直径12~15cm程度の鉢で十分ですし、花を観賞する栽培であれば、株に合わせた鉢に植え替えていきましょう。 向いている鉢 素焼き鉢:通気性に優れますが、焼きが弱いので壊れやすいです。 水分の蒸発も早く、加湿が避けられます。 ただ、水分が鉢底に溜まりやすく、一部がはがれやすいです。 駄温鉢・テラコッタ:通気性に優れます。ただテラコッタは重いです。 菊鉢:側面が垂直に近い形をしていますので、支柱が必要と思われる植物を植えるのに向いています。 ポリトロ箱:必ず底穴に排水口をつくっておきましょう。 古い机の引出:同様に排水口をつくっておきましょう。 向いていない鉢 プラスティック鉢:ハーブは多湿が苦手なものが多いです。(ミント以外)そのため、どうしてもプラスティック鉢は通気性が悪いため加湿になりがちです。土の表面にコケが生えたら要注意。 温度の変化を大変受けやすいです。赤玉土、日向土などを使えば問題なく使えます。 適材適所をお考え下さい。 乾燥しやすい場所で、保湿性を重視する場合はプラスティック鉢でもよいです。

    排水性と通気性のよい土を使いましょう。 ただし、赤玉の場合、種まきのときに種を蒔いた上に上からかぶせるための軽い砂や芝生用の目土などを利用しましょう。 推薦する土 [園芸用]赤玉土あるいは日向土の細粒:堆肥=3:1で配合 [鉢底の石]日向土(大粒)、赤玉(大粒)など。 [種まきや挿し木用土]日向土(細粒)、鹿沼土、川砂などを混合 [排水を良くするには]軽石、炭、パーライトなど多孔質のものを混合 [保水性と軽さ重視のハ ンギングバスケットなど]ココピートやパーライト等を混合 避けたほうがよい土:ピートモス、バーミキュライト 理由: [ピートモス] ピートモスの湿地は、珍しい蜘蛛、とんぼ、毛虫などの昆虫類の生息地であり、珍しい藻が地表を覆いそこに様々な植物が群生。アヒルや鴨、ガチョウの餌場、ゴールデン千鳥等が

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ハーブの栽培(園芸・ガーデニング)
    準備

    メリット
    1.身近に置けるので面倒が見やすい。 2.ハーブのほとんどは地中海沿岸が原産地のため、高温多湿の日本には合わずに育ちにくい面もありますが、プランターや鉢の場合は環境を整えてあげることができます。 3.他の野菜や花が病害虫を寄せ付けないためにも、コンパニオンプランツ(一緒に植える)として利用できますが、ハーブの鉢を他の野菜や植物のすぐ傍に置いておけます。
    デメリット
    1.土が硬くなる。 土の団粒構造が崩れてコチンコチンに硬くなり、空気が逃げ、根が窒息死してしまいます。土を選びましょう。 2.肥料が流出する。 水に溶けやすい窒素とカリが流れ出てしまいます。 3.温度変化が激しい。 プランターや鉢は側面からも影響を受けるため、かなり温度変化が激しくなります。 夏は土の温度が上がりすぎて根が弱くなります。マルチ、二重鉢にする、半日陰に置く、日の当たる窓辺に置く、など対応しましょう。
    種まき用平鉢
    100円ショップやスーパーで販売しているA4判の書類ケースや水切りなどが利用できます。
    苗用鉢
    発芽後、苗を移植するときに使う苗用ポット。直径6..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。