ハーブ・香りの歴史

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数875
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「ハーブ・香りの歴史」
    第1回 【人と香りとの出逢い】
    匂いの中で、美意識などを感じるものを「香り」と言いますが、この「香り」を人が意識し始めた時期は分りません。 ただ、人は、火を手に入れることにより、香りと出逢った・・・と考えられています。 香を表す英語の「Perfume」は、「Per(throught)+fume(煙)」という成り立ちをしています。 その事から、良い香りに出逢った最初の方法が、火に関連することであったと考えられているのです。 火の発見からしばらくの間、火を神秘的なもので、空に昇っていく煙と匂いは、自分たちの祈りを天に届ける役割を持っていると、人は考えていました。 その後、神々の怒りなどを静めるために、食物やいけにえと一緒に香煙を捧げるなど、火と香りは結びついているもので、また、神秘的なものだとされていました。 しかし、時が進んでいくと、香りを作るためには火は使わなくても良いこと、香りは水や油に移して体にすりこむなど、神だけのものではなく、自分たちも使えるということを知ったのです。 自分たちも使えると知った最初のうちは、神聖だとされていた王や神官の体に香が塗られていましたが、しだいに、彼らの臣下や子供に、そして身分に関わらず香料が広まり、日常生活でも使われるようになっていきました。 このようにして広まった香りは、日常生活、宗教的なシーン、歴史の中での色々なシーンなどに登場するようになりました。
    第2回 【古代エジプトにおける香り】
    最初に多くの香料を使うようになったのは、古代エジプトです。 宗教的儀式、日常生活、ミイラの3つにおいて、色々な香料が用いられました。 シナモン、ナツメグ、アーモンド、乳香、ミルラ(没薬)、ローレル、ジュニパー、ムスク、シダーウッド、オレガノ、カンショウ、コリアンダー、ショウブなど・・・ 今日でも広く知られているものが香料として使われていました。 <宗教的なシーンでの香り> イシス、オリシスなどの神殿では薫香がたかれ、祭りのときは道端でもたかれました。 <日常生活での香り> 日常生活では、様々なシーンで使われていました。 ・ 神殿と同じように、個人の家でも香がたかれ、部屋の中をその香りで満たしていました。 ・フランキンセンス、ミルラ、ミント、ユリなどを入れ、若返りのローションを作っていました。 ・ 女性がユリを集め、男性が布袋にユリを入れしぼって精油を採っていました。 ・ 油脂に花を混ぜてボール形かコーン形にした軟膏を、宴会で招かれた客の頭に奴隷が乗せ、客は、ゆっくりと溶けていった軟膏で、頭と体を包みました。  宴会を開く家では、食卓や床にたくさんの花をまいていました。 ・ピラミッド造りの際には、働いた奴隷に対して、オニオンやガーリックが配られたりもしました。 ・古代エジプトにおけるビールにはフェンネルやサフランが香り付けとして使われていました。 このように、色々なシーンで使われていたため、日常生活で使われた量の方が、宗教的なシーンで使われていた量よりも、ずっと多かったと言われています。 <ミイラ> 古代エジプトに関わることで、よく知られていると思われるのが、ミイラ。 古代エジプトにおける死に対しての考えは、現在のような悲しみや衝撃的なものとは異なり、お墓へに行くことは引越しのようなものでした。 人は死んでも、その人の魂は残り、いずれ肉体に戻ると考えられていたからです。 その為には、遺体を永久的に保存する必要性がありました。 そこで、永久保存のために使われたものがハーブ。 代表的なものは、薫香料や医薬品

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「ハーブ・香りの歴史」
    第1回 【人と香りとの出逢い】
    匂いの中で、美意識などを感じるものを「香り」と言いますが、この「香り」を人が意識し始めた時期は分りません。 ただ、人は、火を手に入れることにより、香りと出逢った・・・と考えられています。 香を表す英語の「Perfume」は、「Per(throught)+fume(煙)」という成り立ちをしています。 その事から、良い香りに出逢った最初の方法が、火に関連することであったと考えられているのです。 火の発見からしばらくの間、火を神秘的なもので、空に昇っていく煙と匂いは、自分たちの祈りを天に届ける役割を持っていると、人は考えていました。 その後、神々の怒りなどを静めるために、食物やいけにえと一緒に香煙を捧げるなど、火と香りは結びついているもので、また、神秘的なものだとされていました。 しかし、時が進んでいくと、香りを作るためには火は使わなくても良いこと、香りは水や油に移して体にすりこむなど、神だけのものではなく、自分たちも使えるということを知ったのです。 自分たちも使えると知った最初のうちは、神聖だとされていた王や神官の体に香が塗られていま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。