BEとは?・小泉「丸投げ」批判を考える

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数377
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    民主主義とは?・小泉「丸投げ」批判を考える
    私の研究(番外編):民主主義とは?・小泉「丸投げ」批判を考える
    ちょっとタイムリーな話題ではないのですが、私の研究に関して近頃よく考えることがあるので書いてみたい。
    それは、マスコミの小泉首相に対する批判について、私なりに考えることが多くなってきたからである。
    小泉首相に対する批判はいろいろあるが、まずは「経済政策に対する批判」であろう。
    つまり景気が悪く、デフレスパイラルが起こっているのに、財政出動を押さえ、財政赤字の拡大を押さえようとする政策に対する批判。
    これについては、私は経済学、財政学が専門ではないので、ここでは論評しない。
    今日取り上げたいのは、
    「小泉首相は構造改革に指導力を発揮していない」
    という批判である。
    具体的に言えば、小泉首相は2001年4月首相就任時、「聖域なき構造改革を断行する!」と言って実に80%を超える国民の支持を集めたのだが、自ら具体論を示して、すぐさま構造改革を実行に移したわけではなかった。
    例えば、
    財政構造改革では、2002年度予算で国債発行を30兆円に抑えるとのしたが、6月をめどに政府の経済財政諮問会議で経済運営の基本方針を作成することとした。
    行政改革では「特殊法人の徹底的な事業見直し」や「公益法人の抜本的整理合理化」をうたい、郵政3事業も「公社化後、民営化も含め検討する」としたが、いずれも具体案は「首相の私的諮問機関」で検討する、とした。
    要は、小泉首相は「改革の方針は示すが具体案はこれから議論していただく」という姿勢だったのである。
    この「掛け声だけで中身なし」の政策に対して、当初野党も、与党内の「抵抗勢力」も、マスコミも、小泉内閣の驚異的高支持率に恐れをなして、あまり批判ができなかったわけだが、政府内で、議論が続いていくうちにだんだん批判が高まってきた。
    その上、改革の方向性が明らかになるにつれて、それに反対する政治家、官僚、業界などの抵抗が激しくなってきたのである。
    しかし、それに対する首相の姿勢は基本的に「議論の推移を見守る」というもので、自ら強力な指導力を発揮して改革を断行する、というものではなかった。
    そして、この首相の姿勢がマスコミを中心に「丸投げ」と批判されるようになった。
    。。。簡単にこれまでの「小泉構造改革」の流れをまとめると、こういうことになるんじゃないかと思う。
    さて、「小泉首相は構造改革に指導力を発揮していない」
    いわゆる首相の「丸投げ」姿勢に対する批判なのだが、これについて少し考えてみたい。
    結論からいえば、私は小泉首相の丸投げ姿勢は悪くない。評価すべき点があると思っている。
    これは「民主主義」のあり方に関わる問題だと思う。
    「民主主義」。。。これほど定義が難しい言葉はないだろう。
    なにしろ、あの北朝鮮さえ、「朝鮮民主主義人民共和国」と名乗っているのである。どこが「民主主義」なのかさっぱりわからないが、北朝鮮政府は「民主主義の国だ」だと堂々という。
    で、これほどに難しいのだが、私は現時点では
    「民主主義とは、国の政策や国の利益の中身を国民自らが決定すること」
    と一応考えている。
    この「民主主義」の考え方からすれば、小泉首相の「丸投げ」は正しい面がある。
    もしも小泉首相が「改革を断行する!」と言った瞬間から、全く誰の意見も聞かず、議論もせず改革を断行したらどうなるのか?
    国民はその強力な指導力に一時的に興奮するかもしれないが、その興奮がさめた時にどうなるのか?
    切り捨ててしまった反対論、少数意見、弱者の視点などに真実があることが明

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    民主主義とは?・小泉「丸投げ」批判を考える
    私の研究(番外編):民主主義とは?・小泉「丸投げ」批判を考える
    ちょっとタイムリーな話題ではないのですが、私の研究に関して近頃よく考えることがあるので書いてみたい。
    それは、マスコミの小泉首相に対する批判について、私なりに考えることが多くなってきたからである。
    小泉首相に対する批判はいろいろあるが、まずは「経済政策に対する批判」であろう。
    つまり景気が悪く、デフレスパイラルが起こっているのに、財政出動を押さえ、財政赤字の拡大を押さえようとする政策に対する批判。
    これについては、私は経済学、財政学が専門ではないので、ここでは論評しない。
    今日取り上げたいのは、
    「小泉首相は構造改革に指導力を発揮していない」
    という批判である。
    具体的に言えば、小泉首相は2001年4月首相就任時、「聖域なき構造改革を断行する!」と言って実に80%を超える国民の支持を集めたのだが、自ら具体論を示して、すぐさま構造改革を実行に移したわけではなかった。
    例えば、
    財政構造改革では、2002年度予算で国債発行を30兆円に抑えるとのしたが、6月をめどに政府の経済財政諮問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。