日本の景気回復に規制緩和は不可欠」と欧州委員会

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数489
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「日本の景気回復に規制緩和は不可欠」と欧州委員会
    欧州委員会は11月4日、日本政府と規制緩和に関する高級事務レベル会合を開いた。欧州委員会対外総局(第1総局)のジェラール・ドゥペール副総局長と外務省経済局の大島正太郎局長が共同議長を務めた会合で、欧州委員会は日本に対し規制緩和をいっそう推進するよう要請した。
    ドゥペール副総局長は会合終了後に次のような談話を発表した。
    「日本の景気が回復し、内需主導の持続可能な成長に必要な条件が整うことは全世界のためになる。それを実現するための政策手段として、構造改革、なかでも規制緩和は不可欠の要素だ。包括的で信頼に足る規制緩和推進計画は競争を促し、ひいてはビジネスチャンスを拡大し、生活水準を向上させることになる」
    「日本やEUのような成熟した経済は、今日のグローバル化した世界経済から孤立するような形で規制されていることはもはや許されない。規制緩和がうまくいくことは、欧州の経験から明らかである。単一市場の創設は、本質的には規制改革を前提とするプロセスだったのであり、その本質は今も変わっていない。単一市場計画は、当初の何年かだけで、600億800億ECU(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。