義務教育について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数862
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    義務教育について
    義務教育とは
      (1)憲法26条  能力に応じて等しく教育を受ける権利を有する。
        保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う。
        義務教育は、これを無償とする。
      (2)教基法4条 保護する子女に、9年の普通教育を受けさせる義務を負う。
    (3)学教法22条 保護者は、子女の満6才に達した日の翌日以降における最初の学年の初から、満12に達した日の属する学年の終わりまでこれを小学校に就学させる義務を負う。(盲、聾、養護学校の小学部)
      (4)学教法17条目的
        18条目標 1号〜8号
    生きる力とは
      (1)学習指導要領の変遷
        1)S22、生活化・体験化
        2)S33、系統化
        3)S43、現代化
        4)S52、人間化(ゆとりと充実)
        5)H元年、個性化(新しい学力観)
        6)H10、総合化(ゆとりの中で生きる力を)
      (2)生きる力
        自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力(前回 5)の新しい学力観を発展)
        自らを律しつつ、他人と強調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性とたくましく生きるための健康と体力
       
    1)と3)と5)と共通
      (a)基本的概念を明確にし
      (b)科学の方法を駆使、探求の課程をたどらせる。
        事実 仮説 検証 定理
      (c)1)の生活化・経験化の際には、はいまわる〇〇科の批判を受け、2)の系統化へ
    (3)学習指導要領の概念
        大綱的基準から最低基準(ミニマム・リクワイアメント)としての性格へ
    学力と学力低下
    (1)基礎的な学力
        読み、書き、計算、世界の中で生きるための外国語や情報活用能力
        *平成12年11月教育委員会月報、大島理嘉文部大臣 巻頭言談
    (2)国際学力比較 平成7年と12年の比較
        数学 3位から5位へ シンガポール604点、日本579点
      学習が好き48%(前回5%減、世界72%)
    理科 3位から4位へ 台湾569点、日本550点
    学習が好き55%(前回1%減、世界79%
      (3)学力論争
        1)理解度は、小・中・高→7.5.3と言うこと
        2)大学生の学力低下{1+(0.3−1.52)}÷(−0.1)2
          理工科系大学生の正答率 58〜91%(朝日新聞)
        3)理科離れ
        4)2006年問題
        5)五日制(70単位時間削減)と学習内容3割減への危惧
          指導漢字数、必修英単語数の減、台形の面積の指導カット、円周率の扱い
        6)ゆとり教育亡国論
        7)TT、少人数学級(第7次標準法改正)
      (4)学力評価  「目標に準拠した評価(いわゆる絶対評価)」を一層重視(指導要録)生きる力の評価、総合的な学習の時間の評価
    心の教育
      (1)家庭教育の役割
      (2)ゆとりの教育・心の教育・総合的な学習の時間の展開
      (3)心の教育と特設道徳の時間
      (4)小学校−ふれあいフレンド、中学校−心の教室相談員
    学校の役割
      学校改革、教師改革、カリキュラムの改革の三つがセット
      (1)地教行法、学校管理運営規則の改正
      (2)学校評議員制度
      (3)公立義務教育学校の学校選択・通学区の弾力化
      (4)教員への評価、勤務評定の見直し
      (5)学校経営の評価、マネージメントサイクル(P−D−S

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    義務教育について
    義務教育とは
      (1)憲法26条  能力に応じて等しく教育を受ける権利を有する。
        保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う。
        義務教育は、これを無償とする。
      (2)教基法4条 保護する子女に、9年の普通教育を受けさせる義務を負う。
    (3)学教法22条 保護者は、子女の満6才に達した日の翌日以降における最初の学年の初から、満12に達した日の属する学年の終わりまでこれを小学校に就学させる義務を負う。(盲、聾、養護学校の小学部)
      (4)学教法17条目的
        18条目標 1号〜8号
    生きる力とは
      (1)学習指導要領の変遷
        1)S22、生活化・体験化
        2)S33、系統化
        3)S43、現代化
        4)S52、人間化(ゆとりと充実)
        5)H元年、個性化(新しい学力観)
        6)H10、総合化(ゆとりの中で生きる力を)
      (2)生きる力
        自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力(前回 5)の新しい学力観を発展)
        自らを律しつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。