インターネット市民塾

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数616
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「インターネット市民塾」平成13年度 第2回研究会
    「インターネット市民塾」平成13年度 第2回研究会
    日時:平成13年8月31日(金)13:00〜16:30
    場所:国立教育政策研究所 南館大会議室
    講演
    「地域文化と学校教育をむすぶ情報編集プラットフォーム」
     編集工学研究所 太田剛氏( go@eel.co.jp )
    パソコンとインターネット
    パソコンはもともとパーソナルコンピュータという名の通り「個人の知」をあつかう道具でした。ところがインターネットが急速に普及し、教科書に載っているような知すなわち「世界知」がパソコンの世界にどんどん入ってきました。この「世界知」と「個人知」をつなげるのが編集工学であり、あまたあるいろいろな情報を自分で使いたいように加工して使える形にする「関係の発見と方法の冒険」というのが、会社の中心の柱になっています。古来は「世界知」と「個人知」の間には「共同知」があり、それが二つを結びつけていたはずではなかったでしょうか。コミュニティ、いわゆる村が出来上がり「聖=日知り」といわれる生きたデータベースがいて、種まきの時期から、村の慣習、祭りの作法など全部データベース化されて物語として語っていました。この「共同知」が今のITの技術によって、もう一回作り直せるのではないかという捉え方をしています。学校教育から見た総合学習、情報教育、教科別学習、地域情報から見ると、地域文化、生涯学習、観光情報、産業経済、いろいろな政策、このような情報を「共同知」として一緒に、相互交流・相互編集させて扱えるようなプラットフォームが作れるのではないかと思っています。
    システムの例
    ?クロノスシステム(学校教育のベースとなるシステム)
     学校にITが導入される位置付けは総合学習、情報教育などいろいろありますが、システムだけ入れても結局は使われません。そこで編集的な学習カリキュラムの開発を重視し、それをベースとした形でシステム開発を行っています。このクロノスシステムは、情報処理振興事業協会(IPA)の支援事業の1つとして、編集工学研究所が編集した『情報の歴史』(NTT出版)をベースに、慶應義塾大学との共同で開発されました。5万件の歴史事象に関するデータを共有データとして、東洋史・西洋史を横断する5本の柱に編集し、6本目にローカルデータとしてユーザが自分で調べた年表を入力することができます。学校の歴史の授業では東洋史と世界史がバラバラに教えられ、例えば、信長とエリザベス女王が同時代の人ということなど知らない人が多いですが、そういうことが直感的に分かるようなインターフェースの設計になっています。たとえば医学史と美術史をレオナルド・ダ・ビンチを媒介にしてつなげるなど、共有データとローカルデータを結びつけながら、新しい歴史の関係を発見していこうというコンセプトです。
     このシステムのメインのインターフェースがクロノマトリックスという立体空間になります。まず、膨大なデータの中からあるテーマで切り出した情報群に名前を付けてストックしておくことが出来ます。これをCo-Set(コセット)と読んでいます。例えば、今、実際に高校で使っているCo-Setの1つ、ルネサンスのデータを表示してみます。3D空間の奥行きが時間軸になっていて、マウスの操作で前へ前へ押していくと、どんどん歴史事象をあらわす立方体が空間の中に近づいてくるというように、時間軸に沿ってツーリングできるようになっています。この3D空間を分割することも出来るので、例えば半分に分けて、上は今のルネサンスを表示した

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「インターネット市民塾」平成13年度 第2回研究会
    「インターネット市民塾」平成13年度 第2回研究会
    日時:平成13年8月31日(金)13:00〜16:30
    場所:国立教育政策研究所 南館大会議室
    講演
    「地域文化と学校教育をむすぶ情報編集プラットフォーム」
     編集工学研究所 太田剛氏( go@eel.co.jp )
    パソコンとインターネット
    パソコンはもともとパーソナルコンピュータという名の通り「個人の知」をあつかう道具でした。ところがインターネットが急速に普及し、教科書に載っているような知すなわち「世界知」がパソコンの世界にどんどん入ってきました。この「世界知」と「個人知」をつなげるのが編集工学であり、あまたあるいろいろな情報を自分で使いたいように加工して使える形にする「関係の発見と方法の冒険」というのが、会社の中心の柱になっています。古来は「世界知」と「個人知」の間には「共同知」があり、それが二つを結びつけていたはずではなかったでしょうか。コミュニティ、いわゆる村が出来上がり「聖=日知り」といわれる生きたデータベースがいて、種まきの時期から、村の慣習、祭りの作法など全部データベ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。