A0技術普及度および情報システム部門の

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数10
閲覧数575
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    情報技術普及度および情報システム部門の
    リーダシップ低下に関する調査分析
    17回日本経営システム学会全国研究発表大会(1996.10.12)発表 『日本経営システム学会誌』Vol.13, No.2, 1997.2, pp45-50
    本論文は、1996年初に日本ガイドシェアのプロジェクトチームで、ホワイトカラーの生産性に関連する情報技術の普及状況についてアンケート調査をした結果に基づいて作成したものである。 最新情報技術の普及に関するアンケート調査を行った。アンケートに工夫することにより、より現実に近い普及度を把握できること、新規技術導入の推進要因と阻害要因の調査から、新規技術の導入における情報システム部門の影響力が低下していることについて論じた。
    1.序論(問題認識) 2.調査の概要 3,調査の結果(問題認識の検証) 4.結論(新たな問題提起) 付録 アンケート質問表の一部
    1.序論(問題認識)  最新情報技術の普及状況には関心が集まる。情報技術を利用する側の企業としては、自社での情報技術導入検討に他社状況は関心があるし、提供側の企業にとっては、市場動向の把握のために重要である。それに応えて、多くの雑誌や団体がアンケート調査を行っている(「巷の調査」という)。筆者らも、1996年初に日本ガイドシェア(日本アイビーエム社のユーザ団体、以下「JGS」という)のプロジェクトチーム(以下「チーム」という)で、ホワイトカラーの生産性に関する情報技術の普及状況についてアンケート調査(以下「本調査」という)を行った。  筆者は、次のような問題認識を持っており、それをこのアンケートで検証しようとした。
    1 巷の調査では、最新技術の普及度が高いほうに偏る傾向がある。たとえば電子メールの普及度では、半数程度が「全社的に導入」しているような結果が多い(注1)。しかし、自分の周囲を見ると、それほど普及しているとは到底思えない。
    2 情報技術の採用では、トップやユーザが主体的に取り組むべきである。それは望ましいことではあるが、反面、情報システム部門のリーダシップの重要性が低下しているともいえる(注2)。その状況を調べたい。
    注1  この種のアンケートは多い。たとえば日本情報システム・ユーザ協会(1996)の電子メール普及度調査では、全社的54%、部門毎19%、未導入27%である。また、コンピュートピア誌(1996.10)の調査では、インターネット接続状況は、従業員3000人以上の企業では57%が既に接続済となっている。
    注2  多くの統計では、情報関連投資は増大しており、情報システム部門の重要性は高まったとしている。ところが、現実のシステム化の優先順位やアプリケーション仕様の決定などでは「ユーザ主導」によることが多くなり、情報システム部門のリーダシップは、以前とくらべて低下している。このようなことは、非公式にはよくいわれている。
    2.調査の概要
    2.1 調査組織と調査目的  経営的な観点から、ホワイトカラーの生産性向上が重視されている。その実現には情報技術の活用が有効だといわれている。本調査は、JGSの1996年度プロジェクトチーム「BS−90 JGS IT調査年報チーム(全国)」において、「ホワイトカラー生産性向上の観点から見た情報技術の位置づけと分析」のテーマで、1996年1月から2月にかけて実施した。その調査内容は、電子メール、ワークフローシステム、モバイルコンピューティング、プレゼンテーションツールについて、現在の活用状況、今後の自社および世間での

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    情報技術普及度および情報システム部門の
    リーダシップ低下に関する調査分析
    17回日本経営システム学会全国研究発表大会(1996.10.12)発表 『日本経営システム学会誌』Vol.13, No.2, 1997.2, pp45-50
    本論文は、1996年初に日本ガイドシェアのプロジェクトチームで、ホワイトカラーの生産性に関連する情報技術の普及状況についてアンケート調査をした結果に基づいて作成したものである。 最新情報技術の普及に関するアンケート調査を行った。アンケートに工夫することにより、より現実に近い普及度を把握できること、新規技術導入の推進要因と阻害要因の調査から、新規技術の導入における情報システム部門の影響力が低下していることについて論じた。
    1.序論(問題認識) 2.調査の概要 3,調査の結果(問題認識の検証) 4.結論(新たな問題提起) 付録 アンケート質問表の一部
    1.序論(問題認識)  最新情報技術の普及状況には関心が集まる。情報技術を利用する側の企業としては、自社での情報技術導入検討に他社状況は関心があるし、提供側の企業にとっては、市場動向の把握のために重要である。そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。