82ープライズでも始まった「デル革命」

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数354
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    IT民主化を目指してエンタープライズでも始まった「デル革命」
    2004年、国内PCサーバ市場でNECと激しい首位争いを演じたデル。100万円を切るSANストレージも投入するなど、「デル革命」はエンタープライズでも激しさを増す。日本の会社を容赦のない世界規模の競争が襲うが、「残念ながらその多くは21世紀型の企業になっていない。ライフワークとして、彼らの競争力再生に関わりたい」とデルの浜田氏は話す。
    ITmedia 2004年はどんな年でしたか。
    浜田 夏にEM64T対応のXeonによってサーバのラインアップを一新し、また、100万円を切るDell|EMCブランドのSAN(Storage Area Network)ストレージ、「AX 100」も投入しました。これはSANにおいてもデルモデルを展開していく戦略的な製品です。  一方、プロフェッショナルサービスの事業も好調を維持し、売り上げは前年同期比で倍増しています。だれでも知ってる大企業をはじめ、何百という顧客がIAへ移行するのを支援した年でした。
     デファクトスタンダードの技術を使い、スケールアウトでシステムを拡張できるDellのアプローチは、顧客の実力やビジネスの規模に応じたIT投資を可能とします。 史上最速の急成長を続けるデルは、自ら自社製品の実証の場になっている。「ITシステムはデルの企業戦略そのもの」と浜田氏
     逆にスケールアップは、最初に数兆円もする大きなシステムを導入し、その後の企業規模の拡大に対応していくというものです。しかし、実態はCPUリソースの15〜20%程度しか利用されず、投資が十分に生かされていません。
     スケールアウトならば、標準技術をベースとしてサーバやストレージをビジネスの拡大やトランザクションの増加に合わせて追加するアプローチでシステムを拡張できます。ユーザー企業にコスト面の優位性という直接的なメリットをもたらすだけでなく、IT投資を固定化しないので柔軟性ある戦略的なIT投資が可能になります。
     さらに言えば、それぞれの時点で最新の技術を搭載したサーバやストレージを導入できるメリットや、常にビジネスとの整合性を取りながらIT投資を進められるといったメリットもあります。
     2004年は、エンタープライズ市場における新たなデル革命が始まった年と言えるでしょう。
    大半の企業システムは「フランケンシュタイン状態」
    ITmedia しかし、よく日本は「メインフレーム大国」と揶揄されます。「オフコン」というレガシーシステムもたくさん稼動しています。
    浜田 残念ですが、多くの日本の会社は、まだ21世紀型の企業になっていません。ITをCEOレベルで理解して戦略的な投資を行ってこなかったからです。ここへ来て、彼らは子会社を統合整理するなど、その事業の再構築や再編を迫られているのですが、30年から40年も前からつぎはぎで構築してきた情報システムがそれに対応できないでいます。まさに「フランケンシュタイン状態」と言っていいでしょう。
     ある会社は、昭和40年代から同じベンダーのメインフレームを2年から3年ごとに更新し続けていましたが、デルのIAサーバに移行してもらい、われわれはITのパラダイムシフトをお手伝いできました。より速く、安く、フレキシブルで、接続性のあるシステムに革新することができたのです。
    ITmedia 彼らがIAサーバへの移行に踏み切った背景には何があったのでしょうか。
    浜田 一般にIT関連支出の7〜8割は既存システムの維持・運用に費やされているのが現状です。戦略的な投資は

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    IT民主化を目指してエンタープライズでも始まった「デル革命」
    2004年、国内PCサーバ市場でNECと激しい首位争いを演じたデル。100万円を切るSANストレージも投入するなど、「デル革命」はエンタープライズでも激しさを増す。日本の会社を容赦のない世界規模の競争が襲うが、「残念ながらその多くは21世紀型の企業になっていない。ライフワークとして、彼らの競争力再生に関わりたい」とデルの浜田氏は話す。
    ITmedia 2004年はどんな年でしたか。
    浜田 夏にEM64T対応のXeonによってサーバのラインアップを一新し、また、100万円を切るDell|EMCブランドのSAN(Storage Area Network)ストレージ、「AX 100」も投入しました。これはSANにおいてもデルモデルを展開していく戦略的な製品です。  一方、プロフェッショナルサービスの事業も好調を維持し、売り上げは前年同期比で倍増しています。だれでも知ってる大企業をはじめ、何百という顧客がIAへ移行するのを支援した年でした。
     デファクトスタンダードの技術を使い、スケールアウトでシステムを拡張できるDellのアプロー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。