企業財務評価論

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数30
閲覧数1,058
ダウンロード数58
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    企業財務評価論
    提供機関 : 早稲田大学政治経済学部
    提供機関 URL : http://www.fujimori.cache.waseda.ac.jp/seminar/kenjiro-t.html
    序論
     この論文は「株主重視経営」における企業の収益性、効率を示す指標についてまとめたものである。ここで言う株主重視経営とはどのようなものであるかは1章の始めに説明する。
     経営指標というものは、既に数多く存在している。売上高経常利益率やROEといったものである。しかし、私が思うに既存の指標は経営指標としては不完全な代物である。個別の批判はここではしないが、共通して言えることは、経営指標としての役割を果たさないことである。
     私は経営指標には二つの目的があると考える。それは、指標の改善が経営の改善につながるインセンティブを与えることと、経営の実態を正確に表わすことである。指標が良くなったとしても、それが実際に経営改善に結びついていなければその指標は詐欺であるし、企業の真実を写し出さない、現実味を帯びていない指標は嘘つきである。
     では、株主重視経営に必要とされるものは何であるか。私は、大きく次の四点にまとめた。
    1・収益力(利益が出なければ話にならない)
    2・安全性(倒産したら全てがパーである)
    3・長期永続性(現在の株主の利益しか考えない企業は遅からず倒産する)
    4・効率(投資された資本を無駄に使ってはいけない)
    ということである。短気な人間が多いお国柄、アメリカは3の長期永続性を軽んじる傾向がある。といっても逆に日本は3を重視し過ぎ、つぶしてもいい銀行やゼネコンをつぶせずにいる。要はこの4つのバランスである。全て兼ね備えることができたら言うことはないが、一つや二つだけ突出していても意味が無い。
    さて、これまで私が調べてきた中で最も優れていた指標はEVAという指標であった。1年ほど前にこの指標を知ったが、非常によくできていると感激した。しかし、EVAも私には完璧ではなかった。アメリカ人はこの指標に満足できるかもしれないが、たいていの日本人にはおそらく無理だろう。
    EVAは世界中で使用され、その効果があることも実証済みである。しかし、アメリカの作ったものだからといって、それがグローバルスタンダードになりうるとは限らない。日本的なものがグローバルスタンダードになれないわけがない。アメリカ的なものより日本的なものがうまくいった時もあったのだ。アメリカ的なものを全て批判するわけではないが、簡単に迎合することわけにはいかない。今までのものが通用しないならば、新しいものをつくりだせばいいではないか。
    この論文のEVAと私の指標の比較を通じて、同じ株主重視経営の指標であっても、考え方、目的によってどのように異なるのかを知っていただきたい。そして、企業の評価には様々な視点があることを理解したうえで、就職、投資、ビジネスなど、企業と付き合う様々な機会において、私の指標があなたの判断材料として一抹のお役に立てることができれば幸いである。
    EVAについて
    1・EVAの基本
     ここでは、EVA作成者の立場からEVAとはどのようなものかを解説する。
    EVAとは −株主重視経営の意義―
     EVAは Economic Value Added の略であり、米国のコンサルティング会社、スターンスチュワート社が考案した指標である。EVAがこれまでに重視されてきた売上高経常利益率などと大きく異なる点は、株主に帰属する資本にも負債と同じように使用料、コストがかかると認識する点である。E

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    企業財務評価論
    提供機関 : 早稲田大学政治経済学部
    提供機関 URL : http://www.fujimori.cache.waseda.ac.jp/seminar/kenjiro-t.html
    序論
     この論文は「株主重視経営」における企業の収益性、効率を示す指標についてまとめたものである。ここで言う株主重視経営とはどのようなものであるかは1章の始めに説明する。
     経営指標というものは、既に数多く存在している。売上高経常利益率やROEといったものである。しかし、私が思うに既存の指標は経営指標としては不完全な代物である。個別の批判はここではしないが、共通して言えることは、経営指標としての役割を果たさないことである。
     私は経営指標には二つの目的があると考える。それは、指標の改善が経営の改善につながるインセンティブを与えることと、経営の実態を正確に表わすことである。指標が良くなったとしても、それが実際に経営改善に結びついていなければその指標は詐欺であるし、企業の真実を写し出さない、現実味を帯びていない指標は嘘つきである。
     では、株主重視経営に必要とされるものは何であるか。私は、大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。