変化無常の中日関係

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数412
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    変化無常の中日関係
    提供機関 : 北京週報
    提供機関 URL : http://www.pekinshuho.com/JP/fm/2001-52-fm4.htm
    今年4月に入ってから、中日関係の中に消極的な要素が頻繁に現れたが、主に次のいくつのものがある。
     歴史問題をめぐる摩擦と困惑。日本政府が過去の侵略戦争がアジアとりわけ中国に大きな傷害をもたらしたことを正視し、深く反省することができないため、中日関係は長い間根本的な突破を遂げることができない。
    小泉氏は首相就任してから、歴史問題に対処する以前の誤ったやり方を変えないばかりか、我意を張り通し、まずは歴史教科書の出版を黙許し、続いて首相として靖国神社を正式に参拝し、戦後の平和憲法の改正を提出して、「軍事大国化」の路線を突出させた。小泉氏のやり方は日本の右翼勢力の強硬路線を具体的に現したものであり、日本の一部の人が盲目的にうぬぼれるという民族主義の情緒を反映している。今年の8月は「歴史摩擦」がエスカレートした「多事の夏」となった。これらすべては日本の誤った政策によってもたらされたものである。
     台湾問題にいろいろな問題が起きた。日本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。