アメリカの衰退と日中関係

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数827
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカの衰退と日中関係
    提供機関 : 田中宇の国際ニュース解説
    提供機関 URL : http://tanakanews.com/f0420dollar.htm
     私は今、サウジアラビアに来ているのだが、ここ1−2週間、私にはサウジのことよりも気になる懸念がとりついている。それは、アメリカの経済状態の悪化がいよいよ顕著になり、ドルや株価が急落する可能性が高まっていることである。ドル急落やアメリカ経済衰退の可能性については、これまでに何回か書いているが、最近その危険性がさらに強くなっている。(関連記事その1、その2)
     これまでの不安は主に、財政赤字と貿易赤字という「双子の赤字」の増加に歯止めがかからないため、世界の投資家がドルを敬遠するようになり、ドル急落が起きるのではないかというものだった。最近はそれに加えて、アメリカの企業業績が悪化する傾向が強まっている。
     自動車産業では、最大手のGM(ゼネラル・モータース)に加え、2番手のフォードも、米市場におけるトヨタや日産との販売合戦に敗れて売り上げが落ち、社債の格付けがジャンク債のレベルまで落ちそうになっている。倒産の可能性が高まってきたと予測されているのである。(関連記事)
    ▼アメリカ発の世界経済破綻が起きる?
     アメリカでは、投資家がドルを買ってくれるようにするため、国債金利を上げる動きが始まっており、金利の上昇は、消費者がローンを組んで商品を買うことをやめる傾向に拍車をかけており、住宅市場も崩壊しそうである。(関連記事その1、その2)  経済全般の悪化が予測されるため、先週はアメリカの平均株価が急落した。もっと下がりそうだという予測が出ている。(関連記事その1、その2)
     アメリカではローンを返せなくなる人が増え、政府はローンの取立てを厳しくする新しい破産法を作った。人々は従来、ローンを返せなくなっても、最小限の生活費用を残す権利を保障されていたが、新しい破産法ではその権利が剥奪される。この法律改定には、大企業と金持ちを極度に優遇する、ブッシュ政権の性格が如実に表れている。(関連記事その1、その2)
     アメリカ市場の購買力の低下によって、米企業だけでなく、アメリカでの売り上げが頼みの綱である日本や韓国、欧州などの多くの企業も苦戦している。これまで世界経済の牽引役だったアメリカの消費市場が失われることは、世界経済全体の急速な悪化につながりかねない。IMFは最近、その点を警告する報告書を出した。(関連記事その1、その2)
     ドル不安の最初の原因であるアメリカの双子の赤字はますます悪化する方向にあり、特に貿易赤字(経常赤字)は、危険水域であるGDPの5%を大きく超え、昨年9−12月には6・3%となり、今年中に7%に達する見込みだ。(関連記事その1、その2)
    ▼ドル急落をしつこく予測するニューヨークタイムス
     このような状態の中、ドル暴落の予測も飛び交い続けている。3月末には、マレーシアのマハティール前首相が「ドルの崩壊が近い」と指摘した。(関連記事)
     もう一つ不気味なのは、ニューヨークタイムスの社説である。同紙は2月14日にドルの暴落を予測する社説を出したが、その後、金利の引き上げなどによってドル相場が上がった。すると同紙は4月2日「今はドルは短期的に上がっているが、今後必ずや大きく下落していく」と、しつこく念押しする社説を出した。
     同紙によると、従来ドルを買い支えていたのは、長期保有を目的とした日本などアジア諸国の中央銀行だったが、今ではドルを買っているのは短期売買の

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    アメリカの衰退と日中関係
    提供機関 : 田中宇の国際ニュース解説
    提供機関 URL : http://tanakanews.com/f0420dollar.htm
     私は今、サウジアラビアに来ているのだが、ここ1−2週間、私にはサウジのことよりも気になる懸念がとりついている。それは、アメリカの経済状態の悪化がいよいよ顕著になり、ドルや株価が急落する可能性が高まっていることである。ドル急落やアメリカ経済衰退の可能性については、これまでに何回か書いているが、最近その危険性がさらに強くなっている。(関連記事その1、その2)
     これまでの不安は主に、財政赤字と貿易赤字という「双子の赤字」の増加に歯止めがかからないため、世界の投資家がドルを敬遠するようになり、ドル急落が起きるのではないかというものだった。最近はそれに加えて、アメリカの企業業績が悪化する傾向が強まっている。
     自動車産業では、最大手のGM(ゼネラル・モータース)に加え、2番手のフォードも、米市場におけるトヨタや日産との販売合戦に敗れて売り上げが落ち、社債の格付けがジャンク債のレベルまで落ちそうになっている。倒産の可能性が高ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。