最近の中国情勢と日中関係

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数24
閲覧数1,713
ダウンロード数71
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最近の中国情勢と日中関係
    提供機関 : 外務省
    提供機関 URL : http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/kankei.html
    中国情勢
    1.内政
    胡錦濤(こ・きんとう)国家主席・温家宝(おん・かほう)総理の新指導部の発足
     2002年11月の第16回党大会(中国共産党全国代表大会)及び一中全会(中国共産党第16期中央委員会第1回全体会議)を経て、胡錦濤総書記をはじめとする党の新指導部が選出され、続いて昨年3月、全人代(第10期全国人民代表大会第1回会議)において国家指導部は胡錦濤国家主席をはじめとする新たな体制へ移行。
    第10期全国人民代表大会第2回会議(3月5日〜14日)
    新指導部発足後初の全人代。この一年間の政府の活動の総括と今後の方針が示され、実務重視、「親民」姿勢を強調。
    憲法改正も行われ、「三つの代表」思想、私有財産制、人権の尊重と保障等が盛り込まれた。
    四中全会(第16期中央委員会第4回全体会議)の開催 (9月16日〜19日)
    江沢民党中央軍事委員会主席が辞任し、胡錦濤国家主席兼党総書記が同主席に就任。これにより胡錦濤は、党、国家に続き軍の最高位のポストを掌握。
    今次会合のコミュニケでは、胡錦濤・温家宝体制が目指す「親民」、「反腐敗」の方針を明確化。
    昨年の三中全会のコミュニケに比べ、党の執政能力建設強化等、政治重視の内容。
    新指導部の着実な政策運営
     胡錦濤国家主席・温家宝総理を中心とする新指導部は、基本的に江沢民政権の政策方針を踏襲しながら、(a)党・政府の学習会・工作会議の公表等政治の透明性の向上、(b)農村問題、失業者対策、西部・東北問題への取り組み等社会的弱者対策の重視、(c)頻繁な地方・現場視察、奢侈の廃止等の実務重視といった独自色を打ち出しつつ、着実な政策運営にあたっている。昨年12月30日に胡錦濤党総書記自らが署名した「一号文件」においても、農民収入の増加をテーマとしている。
    各地での民衆抗議行動に関する報道の増加
     本年10月以降、重慶市、安徽省、四川省、広東省等における民衆の抗議行動が、主に香港メディアを通じ累次報じられている。
    【党大会】
     中国共産党の最も重要な事項を決定する会議。77年の第11回党大会以降は5年ごとに開催されている。
    【一中全会】
     今次一中全会では、総書記、中央政治局メンバー(常務委員、委員、候補委員)、中央書記処書記、党中央軍事委員、中央紀律検査委員が選出された。
    【第16期中央政治局常務委員】
    胡錦濤、 呉邦国(副総理)、 温家宝(副総理)、 賈慶林(前北京市党委書記)、 曾慶紅(前党中央組織部長)、 黄 菊(前上海市党委書記)、 呉官正(山東省党委書記)、 李長春(広東省党委書記)、 羅 幹(国務委員) 以上9名の平均年齢は第15期常務委員の70.4歳から62.0歳へ若返った。 (注)括弧内は選出時の肩書 【新国家指導者】 国家主席 : 胡錦濤 国家副主席 : 曾慶紅 国家中央軍事委員会主席 : 胡錦濤 国家中央軍事委員会副主席 : 胡錦涛   : 郭伯雄   : 曹剛川 全人代常務委員会委員長 : 呉邦国 国務院総理 : 温家宝 全国政協主席 : 賈慶林 国務院副総理 : 黄 菊   : 呉 儀   : 曾培炎   : 回良玉
    【三つの代表】
     2000年2月、江沢民総書記(当時)が発表。「中国共産党は、(1)中国の先進的な社会生産力の発展の要求、(2)中国の先進的文化の前進の方向、(3)中国の最も広範な人民の根本的利益、を代表すべき

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    最近の中国情勢と日中関係
    提供機関 : 外務省
    提供機関 URL : http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/kankei.html
    中国情勢
    1.内政
    胡錦濤(こ・きんとう)国家主席・温家宝(おん・かほう)総理の新指導部の発足
     2002年11月の第16回党大会(中国共産党全国代表大会)及び一中全会(中国共産党第16期中央委員会第1回全体会議)を経て、胡錦濤総書記をはじめとする党の新指導部が選出され、続いて昨年3月、全人代(第10期全国人民代表大会第1回会議)において国家指導部は胡錦濤国家主席をはじめとする新たな体制へ移行。
    第10期全国人民代表大会第2回会議(3月5日〜14日)
    新指導部発足後初の全人代。この一年間の政府の活動の総括と今後の方針が示され、実務重視、「親民」姿勢を強調。
    憲法改正も行われ、「三つの代表」思想、私有財産制、人権の尊重と保障等が盛り込まれた。
    四中全会(第16期中央委員会第4回全体会議)の開催 (9月16日〜19日)
    江沢民党中央軍事委員会主席が辞任し、胡錦濤国家主席兼党総書記が同主席に就任。これにより胡錦濤は、党、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。