ポーランド民主化運動

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数705
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ポーランド民主化運動
    ポーランド民主化運動(−民主化運動)とは1988年中ごろから1990年前半にかけてのポーランドにおける民主化改革運動のこと。最終的には従来のポーランド統一労働者党による政権は、下野。レフ・ワレサ率いる独立自主管理労働組合「連帯」が政権を握った。
    民主化の背景
    ポーランドは1919年まで、ロシア帝国の領域下に組み込まれており、元々反ロシア的感情が強い地域であった。
    ソ連の衛星国に組み込まれてからも1956年、1970年と反ロシア(ソ連)的、反体制的、反共産党的な勢力が、国内の改革と民主化を求めて暴動を繰り返していた。ポーランド政府はソ連による全面的な介入を防ぎつつ、ある程度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。