ドイツと日本における社会福祉問題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,670
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ドイツと日本における社会福祉問題
    提供機関 : 麗澤大学
    提供機関 URL : http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/~yokuno/Semi/yamauchi.html
    来世紀には、高齢化しつつある社会である高齢化社会から、さらに高齢化が進行して高齢人口の比率が約14%以上の高い水準に達し、それが持続する社会である高齢社会へと進展する。
     その来世紀のピーク時の高齢化率は、4人に1人のレベルから3人に1人と発表された。その結果、寝たきりや痴呆の発現率が高まり、保健、福祉二一ズが一層増大する可能性が大きい。
     このような高齢化の主な要因として、出生率の低下や、平均寿命の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。