医事会計システム55

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,944
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    医事会計システム
        
    「定義」
     
     医事会計システムとは診療報酬の算定と請求、入金に関するシステムであり、必然的に大量のデータな迅速な処理と蓄積、維持が要求される。
    病院の収入の大部分はこの保険請求によるため、医事会計システムは病院の経営上最も重要の情報システムと認識されている。また、医事会計システムは事務部門のシステムとして最大規模、かつ最も複雑なシステムである。
    医事会計部門は診療報酬請求を業務とし、医療機関の収益のほとんどをこの部門で取り扱うと同時に、医療機関を利用する患者の最初の接点であり、利用者としての患者に関する情報を集約的に管理する部門である。
    「目的」
     1医事業務については迅速な処理が必要になることから、さまざまな自動判断機能が要求されるが、この点において医事会計システムは最高水準の機能をご提供する。
     2入力作業を少しでも軽減し、時間を短縮できる工夫が随所に盛り込まれているため、医事会計システムを利用する。
    3日本の保険点数制度は非常に複雑であるため、多くの医療機関で医事会計システムを使用している。
    「具体的な利用例」
    1点数計算の自動化
    点数計算は近年、丸め、包括化、過去履歴との関連で逓減化など、改正の度に複雑化の度合いがおおきくなっている。
    このため、入力オペレーターの判断による入力の切り分けはきわめて困難であり、また非効率、不正確である。
    電子カルテシステムや、診療各部門システムからのデータを取り込むことで入力オペレーターを介さずに保険請求計算を行う場合、医事会計システムに自動計算が可能なデータ管理とロジックの組込みが必要だ。
    2・包括化定額項目と実施行為の記録
    近年、保険請求は出来高払い制から、丸めや逓減制、包括化、診断群分類による包括払いが進行し、医事会計データのみでは、行為別、実施部門別の集計、収益把握が困難になっている。
    このため医事会計データを行為別の収益情報として利用するのであれば、包括化項目、緩和ケア入院料やセット化された妊娠検診のような定額項目に対しても、レセプト集計上の項目と区別して、実施した行為に関するデータを同時に収集記録できるようにシステムを設計しておくことが必要である。
    平成15年4月、特定機能病院にDPC(診断群分類)別包括評価方式が導入された。これが広範囲に適用されれば、現在の医事会計システムの意味合いも大きく変わり、システムの上からも根本的に見直さざるを得ない
    3診療情報の開示支援
    診療情報の開示の一環として、院外処方箋、薬説明書発行と同様に患者への領収書にレセプト同様の診療行為とその点数の明細を印字する方法が提案されている。
    医事会計システムを医療の透明性確保に機能させる方法であり、積極的に考慮すべきである。
    4院外処方箋と医事入力
    外来における医師オーダエントリを実施していない医療機関では医事入力の処方データにより院外処方せんを作成するケースがある。
    この場合、院内薬剤師による処方監査システムを医事管理システムの延長上に同時に稼動させ、入力誤りをチェックできる体制を考慮しておくべきである。
    5病名登録
    保険請求上の傷病名はレセプト明細欄と整合性がとれていることが重要で、鑑別診断のために実施された検査に対して、保険請求上は除外診断名なども疑診として印字されなければならない。
    外来患者においても2002年の点数改正から、主病名と他の病名の区別が必要になり、病名に対する転帰付けなどのデータのメンテナンスが医師側で簡単にできるように、病名登録のターナラウンドな方法や、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

             医事会計システム
        
    「定義」
     
     医事会計システムとは診療報酬の算定と請求、入金に関するシステムであり、必然的に大量のデータな迅速な処理と蓄積、維持が要求される。
    病院の収入の大部分はこの保険請求によるため、医事会計システムは病院の経営上最も重要の情報システムと認識されている。また、医事会計システムは事務部門のシステムとして最大規模、かつ最も複雑なシステムである。
    医事会計部門は診療報酬請求を業務とし、医療機関の収益のほとんどをこの部門で取り扱うと同時に、医療機関を利用する患者の最初の接点であり、利用者としての患者に関する情報を集約的に管理する部門である。
    「目的」
     1医事業務については迅速な処理が必要になることから、さまざまな自動判断機能が要求されるが、この点において医事会計システムは最高水準の機能をご提供する。
     2入力作業を少しでも軽減し、時間を短縮できる工夫が随所に盛り込まれているため、医事会計システムを利用する。
    3日本の保険点数制度は非常に複雑であるため、多くの医療機関で医事会計システムを使用している。
    「具体的な利用例」
    1点数計算の自動化
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。