東南アジア高齢化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数847
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    欧米の高齢化先進国と日本の人口高齢化のスピードや家族形態の違う。また、高齢社会の最初の課題となる老人対策でも、欧米特に老人対策のモデルにならない。
    東アジア―中国、(台湾)、韓国、日本など国と指す
    ☆ライフサイクル―一人の人間が生まれてから死ぬまでに経験する諸事象(イベント)のつながりである。
    ☆高齢化社会 高齢化率7%~14%
    高齢社会 同14%~21%
    超高齢社会 同21%~
    2日本人のライフサイクル
     日本は1970年( 昭和45年 )に高齢化社会に、1994年( 平成6年 )に高齢社会になり、2007年( 平成19年 )には超高齢社会となる)
    ①標準型モデル日本ライフサイクル
    ②標準型以外のライフサイクル
    ③ライフサイクルと社会システム
    3韓国人における人口構造変化と家族のライフサイクル変化
    人口構造の変化 多産多死から少産少死へ、経済の発展にとても大きな影響がある
    韓国の高齢者の特典 高齢者の半分以上は、現在の自分の健康状態に問題があると感じている。さらに虚弱な高齢者は80歳以上人口の1%である。(日本は2.8)しかし、65歳以上の高齢者は車椅子を利用している割合は世界一で32%もいる。(日本は11.2)政府は、将来、高齢者の長期介護プログラムを真剣に整備することがひつようとなるだろう。
    国民年金制度 1988年に創めた国民年金制度は、まだ歴史が浅いために社会保険制度は確立されるに至っていない。いま、全国民は健康保険あるいは医療助成金などにより医療サービスを受けているが、1995年現在、高齢者の多くは健康保険を利用しているが、医療助成金を受けている高齢者もいる。
    現在の韓国では健康保険への負担率は低いにもかかわらず、人口高齢化に伴う医療費の支出増加が大きな関心ごとになっている。現在の韓国の高齢者問題は、政府が今まで推進してきた経済発展優先政策を、福祉国家の建設という新しい目標に方向転換させるだろう。
    4台湾のライフサイクル変化
     ①台湾の人口変動  台湾の出生、死亡など動態は1920年から統計もあるが、戦争終了後の1945年以降について述べると、1980年代中頃までの変化が大きく、その間人口転換過程(1920年―85年)を経て、その後1985年以降は死亡率、出生率とも低いレベルで安定して、それとともに人口の高齢化が進行している。
     ②台湾の少子化の原因  結婚率が低い。1971年女性の平均初婚年齢は22.1歳から1993年の27.6と大きく上昇した。しかし、男性はの初婚年齢はそれぞれ28.8歳から29.9と1歳だけの上昇である。つまり、結婚したい男性は結婚できなくなっている。日本と同様、結婚してから出産のほとんどを占める台湾においては、今後結婚率が続いて低下する可能性が高く、したがって出産率の低下も進行するものと思われる。
    5上海市民のライフサイクル変化
    ★中国の人口構造と変化
    中国の高齢化率では
     2000年(11月1日)のセンサス(国勢調査)......7%
    中国人口の構成コーホート(同時期に出生した集団)
    ①.解放前に生まれた
    ②.建国後の第1次ベビーブーム期 
    ③.大躍進失敗後第2次ベビーブーム期(1964年総人口:7億4.9%)
    ④.1970年代文化大革命期
    ⑤.1979年以降の「一人っ子」政策実施期(1982年人口:10億5.6%)
    上海-中国を代表する大都市、改革開放のショーウィンド
    上海の高齢化率では
     1979年のセンサス            ......7%
     2000年のセンサス           ...

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     欧米の高齢化先進国と日本の人口高齢化のスピードや家族形態の違う。また、高齢社会の最初の課題となる老人対策でも、欧米特に老人対策のモデルにならない。
    東アジア―中国、(台湾)、韓国、日本など国と指す
    ☆ライフサイクル―一人の人間が生まれてから死ぬまでに経験する諸事象(イベント)のつながりである。
    ☆高齢化社会 高齢化率7%~14%
    高齢社会 同14%~21%
    超高齢社会 同21%~
    2日本人のライフサイクル
     日本は1970年( 昭和45年 )に高齢化社会に、1994年( 平成6年 )に高齢社会になり、2007年( 平成19年 )には超高齢社会となる)
    ①標準型モデル日本ライフサイクル
    ②標準型以外のライフサイクル
    ③ライフサイクルと社会システム
    3韓国人における人口構造変化と家族のライフサイクル変化
    人口構造の変化 多産多死から少産少死へ、経済の発展にとても大きな影響がある
    韓国の高齢者の特典 高齢者の半分以上は、現在の自分の健康状態に問題があると感じている。さらに虚弱な高齢者は80歳以上人口の1%である。(日本は2.8)しかし、65歳以上の高齢者は車椅子を利用している割合は世界..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。