05I031岩崎麻由

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数992
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    05I031 岩崎麻由
    ヨーロッパ・アメリカ人内部での国民性の描写
    まず一番わかり易い表現でえがかれていたフランス人の気質です。さすがに作者がフランス人なだけに好意的な面だけに描かれているように感じる描写が多かったように思います。たとえば・・・彼はいかにもフランス人らしく、しゃれを飛ばした。「うまく入りましたな!さすがは『イギリス人の拳はよく当たる』と言うだけあって!」・・・(八十日間世界一周320ページより)
    ・・「役人」の巡視があった。これらの役人は、立派な服装をし、従者を従えていてまるで大使のようだった。それゆえパスパルトゥーは、・・・きまっていつもこう戯れに言った。「ほらきた!日本の大使がヨーロッパに出発だよ!」
    ・・(八十日間世界一周320ページより)
    などのようにフランス人は皮肉まじりのジョークが得意であるということを意図した作者の描写のように思われる。
    次にこの物語の主人公であるイギリス人の気質について描かれている箇所が終わりのほうに描かれています。・・・出発に際して持っていった莫大な金額は、ほんの少ししか残っていなかった彼の財産といえばベアリング兄弟銀行に預けている二万ポンドだけで、それも今では革新クラブの仲間たちへの有に帰してしまった。もちろんこのように多額の出費をしたのではたとえ賭けに勝ったとしても、おそらく儲かりはしなかっただろう。彼は名誉のために賭けをしたのだ。・・・(八十日間世界一周322ページより)これはイギリス人のプライドの高さを描いていると思われます。しかし、ヴェルヌは物語全体を通して、イギリス人を否定的には描いていない、むしろ誠実な人種として好意的であるように思われます。
    最後にアメリカ人の描写については、イギリス人の描写とは対照的に描かれているように思います。とくに・・・全てのアメリカの町の型通りに、まっすぐな長い道路が基盤目に区切られ、ヴィクトル・ユゴーの表現を借りていえば、「直角のやるせない寂しさ」を持っていた。聖者の町の創立者もアングロ・サクソン族のナス均衡感の欲求から逃れることはできなかった。人々が創意工夫するに及んでいないこの国では、すべてが、いえも、町も、ばかげた言行にいたるまで「四角張っていた」・・・(八十日間世界一周250ページより)これはアメリカ人が開拓時代に新しい国を作ろうと躍起になっているけれどヨーロッパの思想から抜け出せずにいる。つまり、猿真似ばかりしているアメリカ人として作者は否定的に描いているように思います。
    もうひとつアメリカ人の気質として描かれている部分がありました。
    ・・ホテルの階下は大きなバーになっていて、通りがかりのものでも勝手に入れた。乾燥肉、かきのスープ、ビスケット、チェスター産のチーズが置かれており、ほしい物は別に金を使わずとも勝手に食べられた。酒類にだけ払えばよかった。これははなはだ「アメリカ的」だとパスパルトゥーは思った。・・・(八十日間世界一周229ページより)これはアメリカ人のどういったところおさしているのかよくわかりませんでした。あえて言うならば、開放的でいい加減ということでしょうか?
    この小説から読み取れるフランス人ヴェルヌの非ヨーロッパ観
    今回は前回の非ヨーロッパ人たちのようにジャングル奥地に住む野蛮な人食い人種という者たちのみならずアジアについての描写が多く見られました。例えば中国人・・・現在では、時とところをとはず中国内ではアヘン吸飲が行われているといっても過言ではない。・・・今香港で急速に増えつつある喫煙所のひとつであった。・・・イギリスは一年に一

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    05I031 岩崎麻由
    ヨーロッパ・アメリカ人内部での国民性の描写
    まず一番わかり易い表現でえがかれていたフランス人の気質です。さすがに作者がフランス人なだけに好意的な面だけに描かれているように感じる描写が多かったように思います。たとえば・・・彼はいかにもフランス人らしく、しゃれを飛ばした。「うまく入りましたな!さすがは『イギリス人の拳はよく当たる』と言うだけあって!」・・・(八十日間世界一周320ページより)
    ・・「役人」の巡視があった。これらの役人は、立派な服装をし、従者を従えていてまるで大使のようだった。それゆえパスパルトゥーは、・・・きまっていつもこう戯れに言った。「ほらきた!日本の大使がヨーロッパに出発だよ!」
    ・・(八十日間世界一周320ページより)
    などのようにフランス人は皮肉まじりのジョークが得意であるということを意図した作者の描写のように思われる。
    次にこの物語の主人公であるイギリス人の気質について描かれている箇所が終わりのほうに描かれています。・・・出発に際して持っていった莫大な金額は、ほんの少ししか残っていなかった彼の財産といえばベアリング兄弟銀行に預けている二万..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。