社会福祉援助技術各論 間接援助技術の必要性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数572
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉援助間接

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    「間接援助技術の必要性、今後の課題について述べよ。」
     間接援助技術の必要性
     社会福祉援助技術の主なものには直接援助技術と間接援助技術がある。直接利用者に会って援助する方法である直接援助技術に対して、間接援助技術は、利用者に対して直接的に働きかけるわけではないが、利用者へのサービス提供が効率よく展開され、より質の高いサービスが提供できるように環境を整える役割をもっている。
     すなわち間接援助技術は、社会福祉を運営するためにサービス資源や福祉制度を整備する技術であり、これが整備されていなければ直接援助の実践も効力を十分に発揮することができない。このように間接援助技術は、直接援助技術が有効に実践できるような土台をつくる働きを持っているのである。
     社会福祉援助は、社会生活上の問題をもつ利用者に対して、社会福祉の制度や政策のもと、さまざまな福祉サービスを活用して問題解決するが、多くのサービスメニューがあるだけでは問題解決につながらない。社会生活上の問題をもつ利用者と福祉サービスを有効に結びつける必要がある。さらには、利用者に対して効果的な援助を行うために、各サービス間の連携がとれていることも必要である。これらの実践のために活用する技術が間接援助技術であり、そこに間接援助技術の必要性を見いだすことができるのである。
     間接援助技術の性格
     間接援助技術の性格をして次の二つが挙げられる。 
    (1) 福祉的な環境を整える援助技術 
     利用者のニーズに即応できるサービスが的確に提供されるためには、福祉的な環境を整えなければならない。その環境とは以下の五つである。
     第一に地域社会に福祉施設や在宅サービス、保健・医療施設や在宅医療、在宅看護などのサービス体制が整えられていなければ、ケアマネジメントの能力は発揮できない。また、高齢者や障害者の在宅や移動環境の整備、福祉の町づくりも欠かせない条件である。これらの条件整備の働きかけには地域援助技術や社会福祉調査の技法が活用される。
     第二に施設や在宅福祉サービスの運営が社会福祉法人や行政など供給主体により的確に運営管理されていなければならない。そのために、社会福祉の運営管理の技術が要求される。
     第三に福祉や保健・医療などの各種のサービスが地域において相互に連携がとれており、的確なケアマネジメントができるようにネットワーク化されていなければならない。これには地域援助技術が活用される。
     第四に将来必要なサービスが的確に予測され、総合的な地域福祉計画として行政により計画化されていなければならない。そのためには社会福祉調査法や社会福祉計画法が必要となる。
     第五に福祉サービスの環境整備だけでなく、利用者をとりまく地域社会の住民の間に福祉に対する理解や参加・協力の姿勢がつくられていることが大切な条件である。すなわち当事者である住民による福祉活動が活発に展開されるような働きかけが必要である。そのために地域支援技術が欠かせない用件となる。
    (2) 集団に働きかける組織的な援助技術
     直接援助技術が特定の個人に働きかける援助技術であるのに対し、間接援助技術は集団を対象として働きかける組織的な援助技術としての性格をもっている。それは地域社会の要援護者集団や施設利用者、団体メンバーを対象として、その共通するニーズや問題点、課題を把握し、組織的に解決を働きかけることである。
     また、問題解決のために団体や組織の間の力を組織化する働きももっている。例えば社会福祉調査法を活用して地域の実能を明らかにし、その問題点や課題を分析し、活動を計

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「間接援助技術の必要性、今後の課題について述べよ。」
     間接援助技術の必要性
     社会福祉援助技術の主なものには直接援助技術と間接援助技術がある。直接利用者に会って援助する方法である直接援助技術に対して、間接援助技術は、利用者に対して直接的に働きかけるわけではないが、利用者へのサービス提供が効率よく展開され、より質の高いサービスが提供できるように環境を整える役割をもっている。
     すなわち間接援助技術は、社会福祉を運営するためにサービス資源や福祉制度を整備する技術であり、これが整備されていなければ直接援助の実践も効力を十分に発揮することができない。このように間接援助技術は、直接援助技術が有効に実践できるような土台をつくる働きを持っているのである。
     社会福祉援助は、社会生活上の問題をもつ利用者に対して、社会福祉の制度や政策のもと、さまざまな福祉サービスを活用して問題解決するが、多くのサービスメニューがあるだけでは問題解決につながらない。社会生活上の問題をもつ利用者と福祉サービスを有効に結びつける必要がある。さらには、利用者に対して効果的な援助を行うために、各サービス間の連携がとれているこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。