ジェンダーとは

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数5,098
ダウンロード数67
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ジェンダーとは
    1.文法における 性 (Grammatical gender)のこと。
    2.生物学的性(Sex:the fact of being male or female)のこと。
    3.社会科学の分野において、 生物学 的 性 に対する、「 社会 的・ 文化 的な性のありよう」として使われる場合がある。
    4.社会学者の イヴァン・イリイチ の用語で、男女が相互に補完的分業をする本来的な人間関係のあり方。イリイチはその喪失を批判している。
    先天的 ・ 身体 的・ 生物学 的性別を示すセックス(sex)に対する、 社会 的・ 文化 的性別のことを一般に日本ではジェンダーという(この場合の「ジェンダー」という用語それ自体には、良い悪いの価値判断を含むものではない)。
    一方、欧米においては"gender"は、生物学的性の概念を含み、また文化的な差異とも異なるものとして認められる。
    語源と用法
    語源は ラテン語 のgenus(産む、種族、起源)である。共通の語源を持つ言葉としてgene( 遺伝子 )、genital(生殖の)、genre(ジャンル:仏語)などがある。「生まれついての種類」という意味から転じて、 性別 のことを指すようになった。
    この生物学的性のイメージを基にして、20世紀初頭には、genderは フランス語 などにおける有性名詞の性による分類ないし分類クラスをさす文法的な用語として用いられるようになっていた。
    1950年代より、一部の社会科学の分野においてgenderは生物学的性よりもむしろ社会的性の意味で用いられるようになった。しかし1970年代の時点では、genderとsexをどのような意味で用いるかについてコンセンサスは存在しなかった。たとえば1974年版の「Masculine/Feminine or Human」という フェミニスト の本においては、「生得的なgender」と「学習されたsex role」という現代とは逆の定義がみられている。しかし同著の1978年の版ではこの定義が逆転している。1980年までに、大半の フェミニスト はgenderは「社会・文化的に形成された性」を、sexは「生物学的な性」として使用するようになった。このように、社会科学の分野においてジェンダーという用語が社会・文化的性別のこととして用いられ始めたのは比較的最近のことであることが分かる。
    しかし現在、英語圏では、genderは生物学的な性も社会的な性も指す単語として用いられる。前者の場合、単にsexの婉曲あるいは公的な表現として使用されていることになる。例えば、女子のスポーツ競技において、生まれつきの性別を確認するために 染色体 検査が行われることがあるが、これを指す用語として英語ではジェンダーベリフィケーション(gender verification)という用語を用いる。
    複数の英英/英和辞書において"gender"は、第一に「言語学的性(文法上の性)」として、第2に、古くから使われてきた「生物学的性別(sex)」として記述されている(出典:ジーニアス英和辞典、Websterの辞書)。それらに続き、社会科学の分野において用いられる「社会的・文化的役割としての性」という意味の語として記述がなされることがある(出典: 英語版ウィキペディア )。「言語学的性」とは、例えば男性を代名詞でhe、女性をsheと分けて表記するようなことである。「生物学的性(sex)」とは、ロングマン現代英英辞典によれば、"the fact of being male or

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ジェンダーとは
    1.文法における 性 (Grammatical gender)のこと。
    2.生物学的性(Sex:the fact of being male or female)のこと。
    3.社会科学の分野において、 生物学 的 性 に対する、「 社会 的・ 文化 的な性のありよう」として使われる場合がある。
    4.社会学者の イヴァン・イリイチ の用語で、男女が相互に補完的分業をする本来的な人間関係のあり方。イリイチはその喪失を批判している。
    先天的 ・ 身体 的・ 生物学 的性別を示すセックス(sex)に対する、 社会 的・ 文化 的性別のことを一般に日本ではジェンダーという(この場合の「ジェンダー」という用語それ自体には、良い悪いの価値判断を含むものではない)。
    一方、欧米においては"gender"は、生物学的性の概念を含み、また文化的な差異とも異なるものとして認められる。
    語源と用法
    語源は ラテン語 のgenus(産む、種族、起源)である。共通の語源を持つ言葉としてgene( 遺伝子 )、genital(生殖の)、genre(ジャンル:仏語)などがある。「生まれついての種類」と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。