性同一性「障害」

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数541
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    性同一性「障害」
     「性同一性障害」という言葉に、いつもながら引っかかりを感じる。いうまでもなく、これはgender identity disorderという英語の医学用語の直訳であり、日本においてはdisorderは「障害」と訳されるのが医学界の定訳ということであるから、そこに深い意味が込められているということは、おそらくないであろう。  にもかかわらず、この「障害」という言葉に違和感を感じるのはなぜか。ここで当然に、「障害者」という言葉に突き当たる。そして、この違和感を分析すると、次の二つの要素に分けることができる。  一つは、性同一性障害者は「障害者」ではない、という違和感。  もう一つは、「障害者」が「健常者」でないということから来る違和感。  まず、第一の点について、たとえば同性愛が米国において、かつては精神疾患と考えられていた。しかし、現行のDSM-IVという診断基準マニュアルでは、同性愛は精神疾患とは考えられていない。この根底には、一般に思われているようには異性愛は自明のものではなく、同性愛も異性愛も性(性的指向)の多様なあり方の一つに過ぎない、という考え方がある。  こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。