上野千鶴子編 『脱アイデンティティ』

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数3,148
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    上野千鶴子編 『脱アイデンティティ』
     「アイデンティティ」は賞味期限切れ、なのだろうか。本書のタイトルは、「日本人」として、「在日」として、「部落民」として、「ゲイ」として等々、インフレ的に遍在しているかのようにも見える「アイデンティティ」に対する、挑戦である。  日本においては「アイデンティティ」概念すら確立されておらず、「アイデンティティ」を脱する、というポストモダン的言説自体が、近代的自我が確立されていない日本の特殊な状況の反映である、という議論がある一方で、現代のそういった「アイデンティティ」に強迫されている状況こそを、冷静に分析の対象とすべきである、とする立場もある。こういった議論の枠組み自体は、新しいものではなく、1980年代から反復されてきたものである。しかし本書は、後者の立場にたちながら、現在の批評として、政治の側から人為的に飽和させられる「アイデンティティ」に対抗するものである。
     編者の上野は、この語を世に送り出したとされるエリック・エリクソンは、アイデンティティは統合されるべきもの、という方向性をもって送り出した、と指摘する。これに対し、言説行為を通じて事後的に主体がつくりだされるとするジュディス・バトラーや、マイノリティにアイデンティティを要求しているのはむしろ権力の側であるとするスチュアート・ホールを手がかりに、アイデンティティの統合を欠いても逸脱とされない生き方を、上野は肯定的にとらえる。そして、同一性の強迫から逃れる必要性を感じてきたのは、むしろ少数者の側である、と指摘する。  ここに全部をフォローすることはできないが、各論者について見てみると、マイノリティといわれるそれぞれの領域で、「アイデンティティ」概念がむしろ、現実の記述としても、さまざまな点で齟齬をきたしていることが指摘されている。    第一章の伊野真一による論文は、日本のゲイ・リブにおける「アイデンティティ概念に依拠しない記述、政治の方向性」を探るものである。日本において、「アイデンティティをもとにした運動」であったアカー(動くゲイとレズビアンの会)の活動について、生物学的にみて、生まれつき変えられないとされる「性的指向」を正当化することが差異を本質化し、性的指向の不変性という「自然」に同性愛者の定義やアイデンティティを構成させ、脱文脈化された「真理」を形成してきたと指摘する。
     これに対し、「オカマは差別語か」論争における、すこたん企画による「週刊金曜日」への抗議を題材に、「オカマ」の語がむしろ、男性ジェンダーから外れた男性を対象とするものであり、ゲイ・アイデンティティとは必ずしも連関性のない現象であったと見る。そして、アイデンティティの争いからカテゴリの争いへと視点を移行させた上で、プライドや快楽のための「自己執行的なカテゴリ」へ変化させる戦略を提示する。さらにはカミングアウトについても、アイデンティティをもつべし、という規範を共有できない者に対しては、それが抑圧的であることもありうると指摘した上で、アイデンティティ概念に拘束されない戦略を模索している。そして、ゲイというアイデンティティを承認してもらうことでなく、与えられたカテゴリという虚構を活用しながら、異性愛主義を脱構築することが、クィア理論の意義であるとする。
     第六章の鄭暎惠による論文は、済州島に起源をもつ在日コリアン三世としての、自らのアイデンティティ探しの軌跡を、批判的に検証している。鄭は、アイデンティティの根幹をなすのは記憶であり、表現によって発信者と受信者の関係性の中に蓄積される記

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    上野千鶴子編 『脱アイデンティティ』
     「アイデンティティ」は賞味期限切れ、なのだろうか。本書のタイトルは、「日本人」として、「在日」として、「部落民」として、「ゲイ」として等々、インフレ的に遍在しているかのようにも見える「アイデンティティ」に対する、挑戦である。  日本においては「アイデンティティ」概念すら確立されておらず、「アイデンティティ」を脱する、というポストモダン的言説自体が、近代的自我が確立されていない日本の特殊な状況の反映である、という議論がある一方で、現代のそういった「アイデンティティ」に強迫されている状況こそを、冷静に分析の対象とすべきである、とする立場もある。こういった議論の枠組み自体は、新しいものではなく、1980年代から反復されてきたものである。しかし本書は、後者の立場にたちながら、現在の批評として、政治の側から人為的に飽和させられる「アイデンティティ」に対抗するものである。
     編者の上野は、この語を世に送り出したとされるエリック・エリクソンは、アイデンティティは統合されるべきもの、という方向性をもって送り出した、と指摘する。これに対し、言説行為を通じて事後的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。