江原由美子編 『フェミニズムとリベラリズム』

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数906
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    江原由美子編 『フェミニズムとリベラリズム』
     フェミニズムはリベラリズムの延長線上に位置するのか、それとも異なるものを求めるものなのか、本書はこの古くて新しい問題を正面から論じた論考を集めた、刺激的な一冊である。  リベラリズム、「自由主義」と通常訳される思想は、大まかには①個人主義,②改良主義,③公私二元論に基づく,④③を前提に公の領域での機会の平等と私の領域における個性の尊重と自由、を内容とする。そして、フェミニズムのある部分は、このような枠組みと重なり合う。女性解放としてのフェミニズムだけでなく、メンズリブやゲイ、トランスジェンダーなどのリベレーション運動についても同様である。
     一方で、フェミニズムはリベラリズムを批判し、そのアンチテーゼを定立することによっても進展してきた。一方で、リベラリズムの提供する均質な個人像に対し、女性の生物学的・文化的本質を重視する立場が提唱されれば、他方で既存のリベラリズムが男性中心のものでしかないことを理由に、リベラリズムの徹底もしくは実質化、または逆にリベラリズム自体の脱構築を提唱する立場も現れた。
     そのような中で議論自体は錯綜を深めているわけであるが、編者である江原由美子氏は、リベラリズムとフェミニズムの相剋を、「価値中立性と暗黙の価値前提をめぐる闘争」と捉える。すなわち、前者は性別を含め、個体の属性に拘わらず、あらゆる主体の均等を目指す。一方、後者は前者を、暗黙のうちに男性優位の価値観に捕らわれている点から、問題を掘り起こす。
     むろん、リベラリズム自体はフェミニズムなどからの批判を受けながらも、例えば本書でも言及されている、「性の自己決定」にしても、今なおジェンダーに関する諸問題に鋭利な視点を投げかけていることは事実であろう。  しかし、この両者には、互いに相容れないものが存在していることも事実である。この点本書は、もとよりリベラリズムを一面的に肯定したり、否定したりというような浅薄な議論を避けつつ、フェミニズムとリベラリズムが織りなす位相のいくつかを示すものとして、評価されるべきものである。 *     *     *  まず、岡野八代氏は、「リベラリズムの困難からフェミニズムへ」において、リベラリズムが看過してきたのは「身体を伴った、異なりを持った個人」の存在である、と指摘する。そして、この身体を持つ個人について扱うのが、フェミニズムであるとする。  すなわち、リベラリズムは、あたかも近代物理学が広がりのある物質を、重心のみからなる「質点」として扱ってきたように、自由意思に基づいて行動する個人を、抽象的理念として、身体のない点のように考え、その上での性別に関する平等を論じてきた。しかし、これは実は「すでに特定の身体的能力と特徴、社会的位置づけを前提としている」ものである。
     これに対し、フェミニズムは、「身体をともなった一人ひとりのわたしたちの異なりが主要な関心」であるという。すなわち身体を、リベラリズムがそうするように私有すべき客体として見るのでもなく、ましてや自然として見るのでもなく、「社会化された身体」として捉える視点を提供してきた、という。つまり、「わたしの身体は、禁止や期待などの様々な社会的コードによって、あたかも『自然』であるかのように構成されている」ことを、明らかにしてきた、というのである。
     そして、この身体の置かれている、外部的内部的環境を考慮しないがゆえ、リベラリズムは現状維持の思想に転化する、と批判する。  この点、リベラリズムに対し「身体」の項を持ち込むことは、下手を

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    江原由美子編 『フェミニズムとリベラリズム』
     フェミニズムはリベラリズムの延長線上に位置するのか、それとも異なるものを求めるものなのか、本書はこの古くて新しい問題を正面から論じた論考を集めた、刺激的な一冊である。  リベラリズム、「自由主義」と通常訳される思想は、大まかには①個人主義,②改良主義,③公私二元論に基づく,④③を前提に公の領域での機会の平等と私の領域における個性の尊重と自由、を内容とする。そして、フェミニズムのある部分は、このような枠組みと重なり合う。女性解放としてのフェミニズムだけでなく、メンズリブやゲイ、トランスジェンダーなどのリベレーション運動についても同様である。
     一方で、フェミニズムはリベラリズムを批判し、そのアンチテーゼを定立することによっても進展してきた。一方で、リベラリズムの提供する均質な個人像に対し、女性の生物学的・文化的本質を重視する立場が提唱されれば、他方で既存のリベラリズムが男性中心のものでしかないことを理由に、リベラリズムの徹底もしくは実質化、または逆にリベラリズム自体の脱構築を提唱する立場も現れた。
     そのような中で議論自体は錯綜を深めている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。