家族について考えよう ドメスティック・パートナーへの随想

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,296
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    家族について考えよう ドメスティック・パートナーへの随想
     今、「家族」を考えようとすると、おそらく両極端の考え方が出てくるだろう。ひとつは、家父長を中心に、妻や子が整然と従うような、伝統的な家族観を再生しようとする考え、もうひとつは、家族制度を廃し、個人単位の社会を目指す考えである。中流階級の核家族という、ここ何十年の家族観が崩れはじめ、これから家族関係をどうすべきかが、不透明になっている。  一方で、同性愛者などの少数者は、これまで「家族」をもつことすら認められなかったから、新たに「家族」を求めるといわれる。同性婚やドメスティック・パートナーの議論が、にわかに高まりつつある。  このように、一見相反する方向において、「家族」が問われはじめている。  私が婚姻制度とかドメスティック・パートナー制度とかに関心を持ち始めた直接のきっかけは、いわゆる「性同一性障害特例法」で、「婚姻していないこと」、また両親が婚姻を解消していても、子から見て同性婚の状態になることを防ぐためといわれる、「子がいないこと」という要件がつけられたことである。  すでに婚姻関係にある者の一方が、性別の変更するために..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。