レスリー・ファインバーグ『トランスジェンダーの解放』

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数477
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    沈黙を破って  レスリー・ファインバーグ『トランスジェンダーの解放』(Leslie Feinberg, Transgender Liberation, 1992)より
     このパンフレットは、今はまだ一般的な名称を与えられていない、歴史的な抑圧の発生について追う試みである。ここで語られるのは、人工の、というより、「男」により造られた、性別の境界に挑んだ人々の物語である。
     ジェンダーとは、自己表現であり、解剖学における性ではない。  セックスとジェンダーは同じであると、人である限り、生まれてこのかた言われ続ける。男は「男らしく」、女は「女らしく」と。ピンクは女の子のものであり、青は男の子のものである。それが「自然」だと。しかし、アメリカにおいて、世紀の変わり目には、青は女の子の色であり、ピンクは男の子の色であると思われていたこともあった。ジェンダーの規則は単純で堅固であるが、恒久的なものでも、自然のものでもない。移り変わる社会的概念でしかないのである。
     にもかかわらず、「男らしい」男が、男と思われ、女でその外観が「女らしい」と思われる枠の中に収まっている者が、女だと疑いなく認められるのである。問題は、この狭い社会的制約に適合しない人々がたくさん、嫌がらせと暴力の生け贄になってきたことである。  ここから問題が浮かび上がる。だれが、「規則」がどうあるべきかを決めているのか? なぜ、人が自己表現の故に罰せられなければいけないのか?
     古代の共同社会がトランスジェンダーに、高い地位を与えていたことを知るならば、現代人は驚くことだろう。近代になり台頭してきた支配階級は、かつて自然と思われていたものを自然でないものにするために、流血を伴う示威を行った。その支配階級が社会に流布した偏見が、今日に至るまで残っているのである。  しかし、社会不適応に対して、厳しい制裁が行われたような社会においても、トランスジェンダーの大部分は、その本性を変えることができなかったし、変える意思も持たなかった。明らかなのは、女性にも男性にも、さまざまなあり方がある、ということである。自然に存在するものは、すべて連続していて切れ目がないのである。  我々を表すために用いられる用語の多くは、一面しか表さない烙印のようなものである。
     私が十代の頃、バッファローにある工場で働いていたとき、私のような女性は「おとこおんな」と呼ばれた。工場労働者の俗語で「おとこおんな」は大抵、レズビアンのことを指すが、性的指向ではなくジェンダー表現の面から、そう言われていたのである。  広い意味での「ジェンダーの無法者」を表す言葉には他にも、トランスヴェスタイト、トランスセクシュアル、ドラァグクイーン、ドラァグキング、クロスドレッサー、ブル・ダガー、ストーン・ブッチ、アンドロジナス、ディーゼル・ダイク、ベルダシュ(ヨーロッパの植民者の言葉である:原註)がある。*
     我々は好んでこういう言葉を選んだわけではない。こういう言葉はふさわしくない。プライドを表す名称、我々自身を讃える言葉なしに、抑圧と闘うことは困難である。  近年、ジェンダーやトランスジェンダーのコミュニティと呼ばれるものが生まれてきた。我々のコミュニティにはいろいろなカテゴリの人がいて、さまざまな異なるやり方で自らの名称を決めている。トランスジェンダーの人々は、自らのことを規定し名称を選択する権利を要求している。このパンフレットに使われている言葉は、ジェンダーのコミュニティが統合され組織されると、間もなく時代遅れになるかもしれない。すばらしい悩み

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    沈黙を破って  レスリー・ファインバーグ『トランスジェンダーの解放』(Leslie Feinberg, Transgender Liberation, 1992)より
     このパンフレットは、今はまだ一般的な名称を与えられていない、歴史的な抑圧の発生について追う試みである。ここで語られるのは、人工の、というより、「男」により造られた、性別の境界に挑んだ人々の物語である。
     ジェンダーとは、自己表現であり、解剖学における性ではない。  セックスとジェンダーは同じであると、人である限り、生まれてこのかた言われ続ける。男は「男らしく」、女は「女らしく」と。ピンクは女の子のものであり、青は男の子のものである。それが「自然」だと。しかし、アメリカにおいて、世紀の変わり目には、青は女の子の色であり、ピンクは男の子の色であると思われていたこともあった。ジェンダーの規則は単純で堅固であるが、恒久的なものでも、自然のものでもない。移り変わる社会的概念でしかないのである。
     にもかかわらず、「男らしい」男が、男と思われ、女でその外観が「女らしい」と思われる枠の中に収まっている者が、女だと疑いなく認められるの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。