トランスジェンダーと医療

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数16
閲覧数1,206
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    トランスジェンダーと医療
    1.はじめに  『ロバート・イーズ』(原題:Southern Comfort)というドキュメンタリー映画がある。二児をもうけた後、三十代半ばで女性から男性に性別を移行し、アメリカ南部で農場を経営する、カウボーイ・ハットが似合う武骨な男。しかし、彼に残された最後の「女」である卵巣がガンに冒され、同じトランスジェンダーの友人たちに見守られながら、自宅で一生を終える。  最期に至るまで自宅にとどまり続けたのは、あるいは望んでのことだったかもしれない。しかし、彼が言うには、病院に入院しようにも、病院が他の患者の苦情や世間の風評を恐れて、次々と入院を拒む。費用は確実に払うと言っても、相手にすらされない。そうこうしているうちに、ガンは末期に至る。女性から男性(FTM)のトランスジェンダーが行う乳房切除手術についても、トランスジェンダーが受けるなら、同じ手術を普通の女性が受ける時の数倍の費用を請求され、かつ手抜きも目立つ事実が、友人により明らかにされる。  性的マイノリティの権利擁護が進んでいるといわれるアメリカにおいても、まだトランスジェンダーが二級市民としてしか扱われず、必要な医療サービスを十分に受けることができないという、厳しい現実がある。
     ロバートのようなトランスセクシュアルに限らず、この世の中には、広く生まれながらの性別から離れ、反対の性別を社会的に選択する者、伝統的でない性別表現や性別役割を生きる者が存在する。これらの者を、さしあたりトランスジェンダー(性別越境者)と呼ぶことにする。  これまで、トランスジェンダーの医療といえば、主に性別の再指定、すなわちホルモン療法や性別適合手術(俗にいう性転換手術)により、身体の外観を自ら望む性別のそれに適合させるための医療のことを指していた。むろん、この点についても日本において近年、急速に「性同一性障害」治療体制が確立されたとはいえ、まだクライエントが十分に満足を得られる医療が提供されているとは言い難い。この点についてものちほど少しばかり触れることになると思うが、本章で私が論じるのはその意味での医療ではない。問題にしたいのは、風邪や胃炎、ガンといった、トランスジェンダーに固有とはいえない、一般的な疾患にかかったときに受ける医療であり、加齢や身体的な障害によりサポートが必要になった時の介護のことである。
     しかしながら、この点については、トランスジェンダー自身の意識もまだ高いとはいえない。もちろん、自らの身体の外観を望みの性別のそれに適合させるという課題が多くを占め、自らが一般的な疾患にかかるということにまで思い至らないということがあるかもしれない。  ただ、これまでよく言われていたのは、健康保険証に記載された性別が変われば、望みの性別において医療が受けられるのだから、健康保険証の性別表記のもとになっている戸籍上の性別(厳密には続柄表記の一部)の訂正または変更を求めることが先決であり、また解決策はそれに尽きる、という議論である。実際、映画『ロバート・イーズ』が日本で公開された時も、まず戸籍の変更を認めるべきという流れになり、医療機関一般における性的マイノリティの受け入れについての議論は、決して深まったとはいえなかった。
     この点、二〇〇三年に成立、翌年施行された「性同一性障害の性別の取扱いの特例に関する法律」(以下「特例法」)により、限定的ながらも法律上の性別変更が認められるようになった。戸籍の性別が変わればすべて解決するという議論によれば、少なくとも性別変更が認められた者については

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    トランスジェンダーと医療
    1.はじめに  『ロバート・イーズ』(原題:Southern Comfort)というドキュメンタリー映画がある。二児をもうけた後、三十代半ばで女性から男性に性別を移行し、アメリカ南部で農場を経営する、カウボーイ・ハットが似合う武骨な男。しかし、彼に残された最後の「女」である卵巣がガンに冒され、同じトランスジェンダーの友人たちに見守られながら、自宅で一生を終える。  最期に至るまで自宅にとどまり続けたのは、あるいは望んでのことだったかもしれない。しかし、彼が言うには、病院に入院しようにも、病院が他の患者の苦情や世間の風評を恐れて、次々と入院を拒む。費用は確実に払うと言っても、相手にすらされない。そうこうしているうちに、ガンは末期に至る。女性から男性(FTM)のトランスジェンダーが行う乳房切除手術についても、トランスジェンダーが受けるなら、同じ手術を普通の女性が受ける時の数倍の費用を請求され、かつ手抜きも目立つ事実が、友人により明らかにされる。  性的マイノリティの権利擁護が進んでいるといわれるアメリカにおいても、まだトランスジェンダーが二級市民としてしか扱われず..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。