トランスジェンダーと性同一性障害

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数12,866
ダウンロード数67
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    トランスジェンダーと性同一性障害
     近年、「トランスジェンダー」と「性同一性障害」という言葉が使われるにあたって、混乱が激しくなっているように思う。前者は社会学的な用語で、後者は医学的な用語であるが、この二つの用語は、時にはほぼ同一の意味で用いられ、時には異なった意味で用いられる。  例えば、「トランスジェンダー」の語に、ホルモン療法などの医療行為を受ける人、という意味をもたせることが通例になる一方、逆に医学的な診断を受けず、医学的な処置を望まない者が「性同一性障害」を名乗ることの是非が論じられたりする。
     では、なぜこのような混乱が生じたのか。  一つに、近年において「トランスジェンダー」よりも「性同一性障害」が用いられることが多くなり、本来「トランスジェンダー」というべきところを「性同一性障害」ということによるように思える。とりわけ1996年の埼玉医科大学による、「合法的な」性同一性障害治療の解禁以来のことであろうが、性別の越境という社会的事象について、近年は医学的な関心からの理解が、社会学的な意味での理解を上回っている。  しかし、性別の越境は、性同一性障害によるものに限られない。また、性同一性障害をもつ者が、医学的な意味でなく、社会的に性別の越境を試みる場合、これは医学とは別次元の行動である。  もっとも、医学はそれ自体独立した存在ではなく、社会的な存在である。つまり、医学は絶えず社会によって意味づけられ、逆に社会現象を意味づける。  そんなわけで、本文ではこの二つの用語の関係を再検討してみようと思うが、ここでは必然的に、医学と社会の関係を問わざるを得ない。すなわち、医学と社会の関係を整理することが、この二つの用語の用法の混乱を収束させる手がかりとなる。 *   *   *  「トランスジェンダー」(transgender, transgendered,TG)という用語を初めて耳にした方でなければ、この語が広義と狭義の二つの意味を持ち合わせていることはご存じかと思う。  一般的な理解で言えば、広義の「トランスジェンダー」とは、社会学的に見て、広く性別の越境を試みる者、を意味する。いわゆるTV(transvestite,異性の服装を身につける者)、TS(transsexual,性同一性障害をもつ者で、身体的性別の改変を望む者)、狭義のTG(後述)を包含する。その動機は、後述の「性同一性障害」によるものでなくとも、同性愛やフェティシズムによるものを含むほか、メンズ・ウィメンズリブなど思想的な動機によるもの、文化的背景に基づくものをも含みうる。  一方、狭義の「トランスジェンダー」とは、性同一性障害を持つ者のうち、性別適合手術(sexual reassignment surgery,俗に性転換手術と称される)を望まない者をいう。  そして、「性同一性障害」(gender identity disorder)とは、医学的にみて、外性器や染色体などから判断される身体的性別(sex)と、性自認(gender identity)すなわち自分が男女どちらの性別に属するかという認識に、不一致がある状態をいう。  ここで前提として、「トランスジェンダー」「性同一性障害」の各々の用語が、日本において使われてきた文脈を簡単に見てみる。  私の知る限りで、「トランスジェンダー」の語が日本で最初に使われたのは、渡辺恒夫『トランス・ジェンダーの文化』(1987)である。もっとも、この著作は漫画など文化的な性別越境を広く扱っていて、今日に言う「トランスジェンダー」とは、

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    トランスジェンダーと性同一性障害
     近年、「トランスジェンダー」と「性同一性障害」という言葉が使われるにあたって、混乱が激しくなっているように思う。前者は社会学的な用語で、後者は医学的な用語であるが、この二つの用語は、時にはほぼ同一の意味で用いられ、時には異なった意味で用いられる。  例えば、「トランスジェンダー」の語に、ホルモン療法などの医療行為を受ける人、という意味をもたせることが通例になる一方、逆に医学的な診断を受けず、医学的な処置を望まない者が「性同一性障害」を名乗ることの是非が論じられたりする。
     では、なぜこのような混乱が生じたのか。  一つに、近年において「トランスジェンダー」よりも「性同一性障害」が用いられることが多くなり、本来「トランスジェンダー」というべきところを「性同一性障害」ということによるように思える。とりわけ1996年の埼玉医科大学による、「合法的な」性同一性障害治療の解禁以来のことであろうが、性別の越境という社会的事象について、近年は医学的な関心からの理解が、社会学的な意味での理解を上回っている。  しかし、性別の越境は、性同一性障害によるものに限られない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。