GID医療との距離の取り方

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数458
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    GID医療との距離の取り方
     私は今まで、このサイトでも他の掲示板でも、性同一性障害(GID)医療に関する問題については、なるべく発言を避けてきた。それは、一つには今まで私自身がGID医療については非当事者であったこと、もう一つには、この国にはガイドラインに準拠した医療と、準拠しない医療(いわゆる闇治療)が並存し、発言によっては非常にセンシティブな問題を惹き起こしかねないことを懸念してのことだった。  それでも、私はGID医療については常に関心を持ち続けていたつもりだし、傍論としては論点として扱ったこともある。しかし、常々感じるのは、当事者はGIDの診断書を持っていなければならないか否か、またガイドラインに準拠した医療を受けていなければならないか否か、という神学論争の不毛さである。どうも当事者の間に、医療を権威と感じて、社会生活に関する事項も含めてすべてを医療に委ねてしまうか、あるいは逆に、医療に対する感情的な反発から、診断やガイドラインを全否定してしまうか、という二分法的なリアクションがあって、医療との適切な距離をつくれずにいるように思う。  この国においては、よく知られているとおり、1969年にいわゆる「ブルーボーイ事件」おいて、いまでいう性別適合手術(SRS,俗に言う性転換手術)を行った医師が、当時の優生保護法(現:母体保護法)違反、すなわち正当な理由なく生殖能力を喪失させた罪で有罪判決を受けて以来、1996年の埼玉医科大学・日本精神神経学会による、性同一性障害治療に関する答申の公表までは、SRSは「正規の」医療行為としては社会的に承認されていなかった経緯がある。そして、これ以前の当事者は、というより今でも少なからぬ数の当事者がそうであるが、口コミ等で知ったいわゆる国内における「闇治療」、あるいは海外での施術に頼り、ホルモン療法や性別適合手術を受けてきた。  これが1996年の答申以降どう変化していくかというと、ガイドラインに沿った医療を行う「ジェンダークリニック」の絶対数が不足しているにも拘わらず、医療の段階はともかく、GIDの診断を受けない当事者やガイドラインに乗らない医療を受ける当事者を激しく攻撃する当事者や、かたくななまでに医療の側が提示したライフスタイルを守ろうとする当事者が現れてきた。  一方で、医療機関による診断を待たずにホルモン療法を行う者は後を絶たないし、最低でも数年待ちという国内での「正規の」性別適合手術をあきらめ、海外やいわゆる「闇治療」を選択する者も多い。  また、医療への不信から、性別の自己決定権のようなものを根拠に、トランスジェンダーの問題への医師の関与を否定する立場の者も、少なからずいる。  ここで、診断や治療に関するガイドラインの存在意義を考えてみると、医師の側から見れば、施術が本来なら母体保護法や、刑法の傷害罪など、刑事法上の構成要件に該当するところ、それを正当行為として違法性を阻却する、ひらたくいえば医師が刑事責任を問われないようにするための要件である。  一方、当事者の側からみると、ガイドラインは、医療処置を受けるにあたって、本来は自己の身体の処分は自由であるところ、十分な熟慮に基づいた意思決定をしない間に医療を受けないための、パターナリスティック(自己保全のための後見的な)な制限である(この点については小論 「性別の自己決定」 を参照されたい)。  もっとも、ガイドラインは一旦成立すると、法規範ではないにせよ(もちろん刑法上の正当行為に該るかどうかの基準になるという点ではそう考える余地はある)、社会的

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    GID医療との距離の取り方
     私は今まで、このサイトでも他の掲示板でも、性同一性障害(GID)医療に関する問題については、なるべく発言を避けてきた。それは、一つには今まで私自身がGID医療については非当事者であったこと、もう一つには、この国にはガイドラインに準拠した医療と、準拠しない医療(いわゆる闇治療)が並存し、発言によっては非常にセンシティブな問題を惹き起こしかねないことを懸念してのことだった。  それでも、私はGID医療については常に関心を持ち続けていたつもりだし、傍論としては論点として扱ったこともある。しかし、常々感じるのは、当事者はGIDの診断書を持っていなければならないか否か、またガイドラインに準拠した医療を受けていなければならないか否か、という神学論争の不毛さである。どうも当事者の間に、医療を権威と感じて、社会生活に関する事項も含めてすべてを医療に委ねてしまうか、あるいは逆に、医療に対する感情的な反発から、診断やガイドラインを全否定してしまうか、という二分法的なリアクションがあって、医療との適切な距離をつくれずにいるように思う。  この国においては、よく知られているとおり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。